初心者から始めるボカロP

ボーカロイドの楽曲を作成しています。

コラボ等お待ちしています。

TwitterにDMを下さい。

また、夏コミC86のCD完売でした。

本当にありがとう(`;ω;´)

コードは然程選べない

批判を食らいそうなタイトルですが……。

コードをある程度勉強して思うのは、
やはりコードは然程選べないです。
歌メロメロが先行してある状態で、
ある程度、見知らぬ他人がきいて、
なんとなくいいなあって思ってもらうのを
前提としています。

選べても、多くて3つ~5つぐらいでしょうか。

ちょっと閉鎖的な幹事ですが、
実質自分の感性でいうと
1個~3個が限界。
ある程度流れを決めて、ある世界観がある場合は、
殆どの場合一つに限定される印象です。
(何処までコードネームを細かくとるかにもよりますが、
便宜上一小節で1~3つぐらいでしょう)

考えるべきは、その瞬間瞬間のミクロのコードより、
マクロ的なコードの流れかと思います。

メロディのキャラクターで確かにそのメロのインターバルは重要なのですが、
コードの面でいうとマクロの流れをどれだけ意識するかが、
人にイメージを伝える印象になるのではないかなーと思います。

例えばAメロの入り方なのですが、
①IM7→Ⅶm-5→Ⅲ7→Ⅵm
②Ⅳ→Ⅲm→Ⅱm→Ⅰ
とで、
印象はかなり変わると思うのですよね。
もっとマクロの見方をして楽曲全体で捉えてもいい。

このときに
IM7→Ⅶ7(#9,♭13)→Ⅲ7→Ⅵmをとるのかは
メロディの問題でもあるし、然程っていう感じです。
(勿論変わりますよ……)でも、メロディにベストなのを選ぶ以上
選択肢がないとも言えるっていう印象。

変に奇をてらう必要性はこの頃無いのかなって思います。
それよりかは他で奇をてらうほうが効果が高い印象。

加えて、①と②でどっちがいいかと言われたら、
メロディだし、それ以上に楽曲全体の世界観に会うのを選ぶべき。
それだけで、無駄な個人の思い上がりをなくせて、良い楽曲になるのかなと思います。

僕よりコード凝りまくる人は多分少数派になるのでしょうが……。

簡単に人の意表をつけるのがコードなのですが、
塩梅は難しいですね。過度にやると嫌われるのは間違いない(;^ω^)。

世界観やメロディを活かすコードでありたいものです。
スポンサーサイト

良い音とはなんなのか?


きょうついったーで、ふと作って載せたのですが、
実はちょっと理由があって、
今日ようやく良い音っていうのがわかったんです!

最近は必要以上に悩むことは少ないのですが、
(新ジャンル始めるときはめっちゃ悩むよw)
良い音っていうのがいまいちよく分からなかったんですよね。

良い音とはズバリ自分がかっこよいと思う音なんです。
そして周りがかっこいいって思ってくれる音。
プロっぽい音。
なんじゃそりゃwって思うかも知れませんが。

音はわかったので、後は実践できるかどうかですね……。
音源を揃えられるのかどうか……。←ぶっちゃけここで勝負が決まる。
真似できるかどうか……。

今後、闇雲にミキシングしなくて良さそう。
完全に目指す音があるというか。

RMEのインターフェイスなのか
Shure1840できいてたからなのか
新しく音源をかったからなのか
よくわかんないんだけど、
なんかふとわかりました。

音いいね、悪いね、っていうのは聞けばわかるように!!
あとは自分ができるかどうかや~~~~!

がんばるでーーー!

384,400のコード

 

ごめん、忘れた……。
いつもメモあるんだけど、なくした/(^q^)\

楽曲出したらコードのブログ書いてるから、
残しておくつもりだったのだが……。

一応、
【Aメロ】
CM7(9) G(♭13??) /B  B♭(9,13) A7(♭9,♭13) Dm7 D♭7(9,13)???
だった気が…… 

マヂ無理……マリカしょ……ブォオオオオオオ!


……アッパーですよね!!!(小並感)

ちがう、ちがうの!
この曲は歌詞が良いの!

月からのらぶそんぐなんだよ!!
会いたいとか愛してるとか連発してないでしょ!!!


この曲書いたのはかなり前で、多分1年前ぐらいになっちゃうんですが、
確か去年の超マス終わったあとぐらいだった気がする?


今回は声が好評ですね!!
OИEちゃん自体が歌がうまいのですが、
プラスアルファでミキシングのボーカル処理です。
(ボーカルは3ヶ月前ぐらいにやりました。)

味噌なのがリバーブ!!
多くの方が素の声をそのまま前に持ってくるんですが、
あえてちょっと引いた遠い音を前に持ってくるんですね!!

そうすることで歌ってる感が出るんです~~~!
三 ( 卍^o^)卍ドゥルルルルル

勿論ぐっと前にくっきりはっきり出てるのもかっこいいんですが、
ケースバイケースですね!

ピッチはよほどうまく調教できる方以外はあまり弄らないほうが自然です。
またダイナミクスも極力一定のほうが無難。
「単純な」音量を大きくしたダイナミクスってあまり意味を感じないです。
人だと音量を大きくする際に多分力んだりして声色や声を張る感が付加されて、
それには意味があるんですが……詳しくわかんねぇ/(^q^)\
(歌詞とかを踏まえたのなら意味があるけど、人間っぽくっていう意味では)

私的に貰ったやつはコンプに突っ込む前に僕はフェーダーでなおしてしまうので。
コンプにひっかかることが少ないです。
このあたりの塩梅加減は難しいですが……。

ボーカルっていう楽器がどういうノイズを発してるかが、
もうちょっと僕もわかればなあ……と思います。
このあたりはこれから要修行。


あと、リバーブは慣れないとお風呂っぽい感じになったり、
ディレイだけでいいや!ってなったりするんですが、
ぜひリバーブを!きもちいいいいいい(*´Д`)。

クライヤ 楽曲アップロード兼コード編

 

どうも、一年ぶりです(;^ω^)。

イラストはあめのさん、
唸るギターはざっくんさんです。

完全に自分好みの曲で、
自分の好きなイラストと好きなギターをもらいました。
趣味100%ですw。


最近JPOPと洋楽の違いはコードの数があるよっていうの聞きました。
JPOPのがコードをたくさん使うんだそうです。

ディグリーで捉えれば、減ると思いますが、
単純に自分の曲紹介も兼ねて見てみようかと思います。

上のクライヤという楽曲です。
転調?移調?しまくってるのでコード自体は結構簡単な楽曲かも?

1番
イントロ
G7Alt Cm7 G7Alt Cm7 C7(♭9,♭13)

【Aメロ】
Gm7 A♭M7 Gm7 A♭M7
Gm7 A♭M7 Gm7 C7

【Bメロ】
F#m7-5 FM7 E7 Am7 Dm7 G7(♭9,♭13) Gm7(9) C7(9,13)
Fm7(9)           Gm7          A♭M7        B♭sus4(9) B♭7(♭9) C7

【サビ】
C♭M7(9) D♭6(9) B♭m7 E♭m7 C♭M7(9) D♭6(9) B♭m7 G♭7
C♭M7(9) D♭6(9) B♭m7 E♭m7 C♭M7(9) D♭6(9) B♭m7 G♭7
C♭M7(9) B♭7(♯9)A7(♭9,♯11) A♭7(♯9) C♭M7

2番
間奏
→イントロと一緒
【Aメロ】
Fm7
E♭7(9,13)
【Bメロ】
A♭ B♭ Cm7(9,11) F7 G♭ Gm A♭M7(9)
【間奏2】
A♭M7 Gm7  B♭6 E♭ B♭/D Cm D♭ Dm-5 E♭

あとは繰り返しでほぼ一緒。

うおー、かぞえらんねーw。ちとテキトー部分あるかも……。
一応似てるのを外すと23種類??。
この辺人によって数え方違うからぬ。

ディグリーで捉えれば、ぐっと減りそう。

たくさん使えば良いってもんじゃないんですが、
キーボードよりの人のは比較的増える傾向があるのかなーっていう気がします。
Aメロの不安な感じや、Bメロのふわふわした安定感、サビ前に向かって上る感じ、
サビのTHEサビ感とかはコードで出してます。

一番のお気に入りは、
ギターソロ前と
ギターソロ部分でのルートが半音ずつ上がってくところっすね。

ルート半音上がり続くって結構無理くり感とコードのなじませ感?が混在して、
うおおおおおおwwwwってなります。

そのうち飽きるかもしれんが、さいきんまいぶーむでつ。

あ、コードばっかり話しちゃったのですが、
コーラスONEはかなり可愛くて良い感じ!!!
ここだけDAWでループしたりしちゃいました!

この手の曲は好き嫌い分かれて、あんまウケないかもしれないですが、
自分が書きたい曲を思いっきりかけたので、
楽しかったです~~~(*゚∀゚)。

Web整理中

Web関連の整理をしています。
なかなか進まなかったけどようやく。

あとそろそろ超ボーマスですね!
日本のイベントは冬コミ以来です(*´ω`*)。

あと2018はなんとか自分のCDを出せるようにがんばります!


この間のひたすら文字を羅列するボーカル処理がちょっとウケた気がするので、
今回はドラムについて少し。

実は一番ミキシングするのが難しいのはドラムだと思っています。
生ドラは一回やったことがありますが、
殆ど音源のドラムなので、それを前提に。

僕は80%アディクティブドラムズです。

【キック】
コンプを掛けて音圧調性。
LA-2Aは控える。前に出過ぎる。
使うと一瞬すごくぽくなるんだけどね……。
かっこいいか、かっこよくないか、っていうなんとも言えない基準でやってます……。

【スネア】
1176を使って、
アタック最遅リリース最速からの余韻微調整。
スネア専用リバーブはあまりやらないです。
最近ドライのほうが良いかなって思うことも多く。

【ハイハット】
一番迷う箇所で。
基本的にはリズムを刻む中核なので、
前にくっきり出したいのですが、
そうすると耳障りではあるんですよね。
まだまだ研究中です。
これ、メジャーの音源聞いてもうるさいなーって思うときもあるし、
その逆もあるし、人によってかなり違う印象。
これが強いと迫力あるんですけど、素人くさく感じます(´・ω・`)。

【タムタム】
タムはあまり触ってません。
どちらかというとソフト側でタムの余韻の調整をやります。
ごーん!ってならないように。
ゴン!っていう感じ。
次の音にひっかかるぐらい音が響いてると、
まのびしてしまうので。

【オーバーヘッド】
やれるひとはもう少し違った処理をするのでしょうが、
僕の場合はシンバルの音のみをここで拾います。
生録音だともっといろんな音がはいって総合的に作るのでしょうが……。

【ルーム】
アンビエントマイクですね。
ここがいちばん大切かも。
所謂ドラムに空間を感じさせる音でもありまして、
多分一番難しい気もする。
毎回苦戦してますが、
どのくらい足すのかとか、
金物の音はローパスでカットとか、
その時によって色々。
ドラムが嘘くさい音になるかどうかは、
ここの練度なんかなって考えています。

その後、ドラムバス・トラックで、
1176コンプでリダクション-2ぐらい取る感じです。

個人的な好みとしては、
ボーカル同様きっちりドラムもコンプレッションして一定感がある方が好きです。
聞いてて安心する。