初心者から始めるボカロP

ボーカロイドの楽曲を作成しています。

コラボ等お待ちしています。

TwitterにDMを下さい。

また、夏コミC86のCD完売でした。

本当にありがとう(`;ω;´)

うーwひーひーいってまつ

曲がかけそうでかけないw。

納得できるところまでいけるときもあればいけないときもあって……。
ひたすらボツが多いですw。

自分が苦手なジャンルや描いたことない曲調はやっぱ難しいですね~/(^o^)\。
手を伸ばすと逃げていくwそんな感じです。

スポンサーサイト

自分用DTMメモ、超長いけど(汗)、今考えてること書いてみた。

【作曲】
凝りすぎないこと。
ただ、音譜が纏う雰囲気はここでしか作れないので、
ここでしっかり作ること。

★コードボイシング
★メロディ単体いち音が独自に持つ安定性と不安定性
★腰や頭やが動くようなリズム(ドラム、メロ、楽器リフ)
★楽曲の全体構成

ざっくりとした音色もここである程度やっとくといい。
後で、ピアノからブラスに直すとキツイとか出てきてしまうので。

コードボイシングは楽曲のカラーを決めて展開していくのに効果が高いが、
どちらか言うとリズムで展開を決めに入ったほうが聞いてる側としては
ノリが続いて聞きやすい。

コンペ構成のリズムは注意。
あのA→B→サビのリズム構成はみんな大好きだけど、
使う場合は超絶クオリティまで持っていかないとインパクトが逆に薄くなる。
「よくあるよね、どこかで聞いたことある」って言う感想をもたせるので、感動が薄くなるので。

また、アレンジ前に全体構成もここで決めたほうが後々楽。
アレンジする時に止まりにくくなる。



【アレンジ】
一番時間がかかるところだけど、
かっこいいかどうかが意外とここで決まる。
音色がかっこよければ、かっこいい。

自分の場合には柔い音をいれること。
はっきりした音はかっこいいが、全部が主張してくるので、
後々メリハリが無くなる。

★音色はきちんと作ること
★奏法をめんどくさがらない
★2番とラスサビとサビケツの工夫をしっかり凝らす
★ボーカルアレンジをしっかり決めること

音色はダサいのを選ばない。
わかり易い例は、スネアがダサいと全てが終わるのが物語ってる。

奏法も。特に、ベースとストリングスとギター。
意外とやらないのがシンセサイザーなんだけど、
シンセサイザーも奏法はあって、音が変わっていくこと。
プリセット使ってもいいけど、プリセットのツマミをきちんと捻ろう。
若しくはちゃんと自分で作ろう。
ピッチベンドで書いてあげるのも結構重要。
楽曲にシンセ取り入れてダサくなる理由がここをやらないから。
ちょっとやるんじゃなくてしっかりやること。



2番AメロBメロは鬼門だよね。
2番サビはぶっちゃけ歌詞を変えるだけでも、繰り返す安定性をとりに行く理由があるからいいけど。
変更方法は、リズムを変える、メロラインを変える、エフェクト、反対に1番AメロBメロを抑える等々。

ラスサビ、サビケツはしっかり。
読んでる方がいらっしゃったら、ここでちょっとアドバイスなんですが、
サビケツ描けない人多いです。
若しくはメロだけでサビケツ描くひと。
サビケツこそコードやリズムで演出しましょう。かっこよくなる。


ボーカルアレンジは早めに。
作曲にもかかってきますが、ボーカルの強さは偉大です。
簡単なフレーズでも聴き応え出てくるので。
単純にハモリだけじゃなくて、掛け合いとか。Uh,Ahとか。


【ミキシング】
音量上げないけど低音はとりに行くこと。
表現難しいけど、うるさくないけど低音出てる状態。

帯域はバッサリカットしない。(多分EDM系はオッケーなんだけど、やぱ生音系のばっさりカットは微妙なきがする。)
反対に帯域を被せるのをチャンレンジしていくこと。
帯域近い楽器同士でだったら音がちゃんと抜けるようにしつつも、一部の帯域を被せる。
特にLowとMidLowあたり。
このあたり楽器の分離感と調性しながら、この周波数帯に馴染みが出るように。
ついにマルチバンドコンプの出番かww。(今までよくわかんなくて使ってこなかったんですよねw)
必要性を感じてきた。


後課題としては、飛び道具的なエフェクトやミキシング。
もうちょっとパンチある感じにしたい。

リバーブも課題なんだよな……。

あと、自分の場合もうちょっとMidLowもっさりしていい。
削ってないんだけどなw、このあたりが楽曲のリッチ感関わってくる。


【マスタリング】
やっぱり音圧高い曲はたしかに大迫力なんですが、諸々犠牲にしてます。
以前はこんだけ音圧出てるのになんか抜けてくるみたいな感じがあったんですけど、
今はそんな感じがしなくなってきました。
だいたいどの人も潰れてます。

かなり高くてRMS-7、低めでRMS-12取れればいいんじゃないでしょうか。

最近わかったんですが、マスタリングで波形が潰れてもかっこいいのはミキシングがかっこいいからだと思っています。
なので、RMS-5を叩き出してるかっこいい楽曲が、RMS-10になるともっとかっこよかったりします(汗)。

悩んでる人は単純に
自分でマスタリングした楽曲をマスタリングする前の楽曲まで音量を落として聞き比べてみると、
何が犠牲になってるのかわかりやすいかも。
勿論、マスタリングの結果小さい音が上がってきてかっこよくなる部分もあるんだけど。

ただニコニコではあんまり考えなくてもいいかも。
いい曲は伸びてるし。ニコニコは逆にあんまり音圧関係ない気がする。

じかんをきめよう。

じつはいつまでたってもだらだらやってる感じがしてまして。
もっと時間を決めて取り組もうかと再認識です。

こーゆーのって一ヶ月ぐらい続くといいよね。
多くの人が終わりを決めないから、ゴールにたどり着かない気がします。

とりあえず8月30日まではこうしようかと。
みじかwwww

★耳で楽曲をコピー。
夜やる。一日3時間まで。
この一ヶ月無制限にやり続けたのですが、全く芳しくないので。
寧ろ疲れてダラダラやって、ダメな気がする。

★音楽を聞いたらメモをする。
ただ聞き流してくっていうのは意外と頭に入らず。
なので音楽ノートを作ってメモを取ろうかと思います。
タイピングのが早いんだけど、鉛筆で書きます。
時代に逆行する俺。
ざっくりやること。一生懸命やらない。

★鍵盤練習
実はサボってたので、もう一度。
得意な調性は無意識で手が動くんですけどね。
苦手な調性と苦手なコードっていうのはあるもんで。
こういうのはサボる→ガッツリやる→サボるの繰り返しでもいいと思う。
そのうち自然にできるになるように。

★得意な音源を増やす。
曲作る時に得意な音源があれば良いと思うんですよ。
いくつか使い慣れてるのはあるのですが、
ちゃんと書きがしてみようかななんて思います。
自分のプリセットを増やす感じ。

なんだかんだ言って音作りが一番大変だったりするので。
汎用的なもの、例えばベースのDIとかストリングスとか、
勿論楽曲によっては、使えなかったり、変えなきゃいかんのですが、
ある程度流用していくほうが他のところに時間をかけられたりするので、
意識してこれって言うのを認識していこうかと。

だからノートに使う音源を書きます。

おわり。


みきしんぐ

みきしんぐなんですが、
一つ指標が出来た気がします。

それはクリアであること。
色々悩んだけどクリアであるっていうのは重要だなあと。
これはアレンジ含め。

語弊恐れずに言えば、
デジタルで綺麗すぎるっていうのはあるんですが汚しちゃダメ。
味気ないのを味があるようにするって感じ?

単純にあんまりテープシミュ・コンソールシミュとか好きじゃないです。
持ってるんですがほぼ使ってないってことはそういう嗜好なのかも。

そんな感じ?
すごく感性的な話なので。

他方僕の場合は分離感出しすぎって思った感じ。
分離感ともっさり感って反するポジションじゃないっていうのに、
最近気がついた。
もっさりするのが嫌で分離感上げてったんですが、
多分正解はもっさりじゃなくて綺麗にすることなんじゃないかとも。

LOGICに入ってる音って、特にプリセットがすごく音が出来上がってるので、
この辺注意かも。


なんか感性的すぎますねw。

こんぷれっさー

どうも、一ヶ月更新しなくて広告が出てしまいましたw。

というわけで何か書こうと。
実は書いてるんですが、消してたりしてて……。
文章書く方は結構共感してくれるんじゃないかと(汗)。


今回はコンプレッサー。
ちょっと今の自分の考えを書いてみようかと。

回路が大きく分けて4つ?
代表機種と合わせて自分は覚えるようにしてます。

FET:1176
OPT:LA-2A
Tube:フェアチャイルド
VCA:SSLGcomp,VSC-2

こんな感じ?

よく使うのが、FETの1176,VCAのVSC-2です。
このあたり各メーカーのシュミレート具合や、そもそもの機種によってだいぶ変わるのですが……。

単純にコンプレッサーのプラグインは各メーカーのシュミレート具合と機種で、
つまりプラグインごとに覚えるといいのかなって思ってます。

つまり使うコンプレッサーを絞れって言う具合ですね。
LOGICのSSL-GcompとVSC-2のコンプ具合って違う感じするんですよね。
設定極力一緒にして。


単純にコンプレッサーを使って思うのは、
音が暗くなるか明るいかっていうのと、突っ込んだときのトラックの本の良さが残ってるかどうか?


聞きやすさからすると、音量が一定のほうが聞きやすいのですが、
他方、迫力は失われるんですよね。
この天秤具合。
あとはミキシングを考えると、他のトラックとの主役か脇役か具合。

この感じ。

コンプに関しては、なんていうかズバッと指標が出ないというか……。
うーんw、感性的すぎて難しいです。
僕は、聞きやすさと迫力と他のトラックとの兼ね合いと音作りとの四点を意識します。

んで、コンプレッサー自体はやはりピークの音を小さくしてるって言う感じですね。
悪くいうと、どうやってものっぺりします。よく言うと音が整って気持ち良い。
加えて、アナログシミュレートは音がちょっと変わります。
そんな感じ。


というわけでもっと具体的なとこへ。

原音のトラックがいいな、あまりいじりたくないなって思う時は、
VSC-2を使います。
音量差が大きくてスレッショルドを下げても破綻が少ないため。
(他のVCAってコンプしてる感があるんだけど、これはそれが比較的少なく感じる、でもちゃんとコンプしてくれる。)
他方、音量差が大きすぎてって言う時はボリュームのオートメーションで対処。
まだ試してないのだけど(汗)、できるだけコンプに引っ掛けないボーカルトラックがやっぱり良いと思われるのかなあって。

なんか、ちょっとアナログっぽくしたいっていう時は1176(UAD2)を使います。
なんか音がいい感じに変わるんですよね。他の1176シミュレートとはちょっとレベルが違う感じ。
スネアはいつもこれ。スナッピーがかっこよく響く。


なんかヌメヌメしたい時はLA-2Aを使ってます。
どちらっかっていうとコイツは音を整えるって言うよりかはヌメヌメしたい時。
LA-2Aのイメージが僕の中でヌメヌメだったんですよwwwwwwwwwwww。
なんだろう、もうちょっとちゃんというと、ピークを潰すけど、あんまり潰れてない感じ。
アタックが遅いからですかね。サチュレーション効果?を期待して使います。ヌメッとしてる感じしません?w


こんな感じです。
コンプレッサーって迷いやすいですよね。
ていうか、多分殆どの人がわかって使ってない部類なのかなと。
僕も危ないですw。

対策としては使うコンプの種類を覚える、使うプラグインを絞ることかなと。