初心者から始めるボカロP

ボーカロイドの楽曲を作成しています。

コラボ等お待ちしています。

TwitterにDMを下さい。

また、夏コミC86のCD完売でした。

本当にありがとう(`;ω;´)

TOP ≫ CATEGORY ≫ DTM
CATEGORY ≫ DTM
       次ページ ≫

スピーカーとモニターヘッドフォン

この手の話は尽きることがありませんが、
また最近考え方が少し変わってきたのでちょっと書いてみようかと思います。

どの種類を買うかは基本好みで決めればいいと思います。

【モニターヘッドフォンだけじゃだめなの?】
個人的にはヘッドフォンだと音量感が僕はどうしても上手く取れなくて、
辛いです。特にパンを振られると正直良く分かりません。

なので、スピーカーをおすすめします。

【スピーカー高いんだけど……】
高いですよねw。
しかしながら、小さいサイズのやつは意外と安いので小さいサイズのやつで良いのではないかと最近思います。
理由は、宅録の環境下だとどうせ低音がバリバリ出るのはウーハーが必要になるのかなと思ったり。
(僕はウーハーを使ったことがないです)
僕は、MSP5Studioを使っていますが、正直スピーカー本来の力を発揮させる音量を出せていません。
近所迷惑になるし、そもそも大きい音でミキシングしないのが自分の流行りでして。

ぶっちゃけグレードダウンしようかなと思ってるぐらいなんです(;^ω^)。

スピーカーのサイズ的にも家でスピーカーで低音を聞くのは結構至難の業な感じがします。


【スピーカーを進める一番の理由】
疲れにくい。
これが今はすごく大切で、
楽曲ミキシングもしくは制作でも、

何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も

失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した
(ネタ分かる人にはわかると思いますw)

脱線しました。
なんどもなんども聞いてると辛くなってきます。
それは精神的にではなくて、耳が疲れます。
むずがゆくなったり、音でストレスを感じるので、
耳にダイレクトに来るヘッドフォンはつかれるので、
少し距離を取ったスピーカーのほうが長時間作業しやすいです。

もし迷っていて、小さい音でも音を出せる環境の人(木造建築で隣人がいる人は多分だめでしょうw)は、
是非導入してみると捗るかもしれませんね(*´ω`*)。
スポンサーサイト

SONARに関する僕の要望をまとめてみた

DAW、SONARを完全に使いこなせてるわけではないので、
いやその機能付いてるよっていうのがあったら指摘してもらえると嬉しいです。

というわけで、SONARに関する要望を書いてみる。
あと、SONARだけじゃなくて、純粋に僕がDAWに要求する要望もついでに書いています。
因みにずっとSONAR一筋なので、他のDAWを知りません。
ちょっと触ったことぐらいはありますが、詳しくないので。

1.MIDIのCCをもっと書きやすくして。
なんていうかハードのコンソールにCC割り当てて、描くのは細かくできるんですが、
マウスのCCが書きにくいです。
しかもデフォの区切りで最初に指定されるので、その後動かすのがめんどくさいです。
エクスプレッションとかハードのコントローラーがないと描きにくい。

2.五線譜の譜面もうちょっとしっかりして。
電話で問い合わせたら出来ないって言われたのですが、
♯と♭ぐらい変更できてもいいんじゃないかと思います。
一応作曲家にとってシャープとフラットはぜんぜん違うというか、
スケールやキーによって変わってきて、強く意識をしているので、そのぐらい変更できて欲しい。

五線譜が書きやすくなったら、もっと支持されると思います。

3.オートメーション
ミキシングやる上で、オートメーションは必須なので、
オートメーションをもっと書きやすくして欲しいです。
どうやったらもっと書きやすくなるかっていう提案はできないんですが、
現状正直イライラしてます。

あとオートメーション書いた後に、WAVファイルを差し替えた場合、
オートメーションが残る場合と残らない場合があったと思うのですが、
何が条件だか分かりません。
と言うか基本オートメーションは残って欲しい。

後で気づいてWAVを入れなおすということがあるので。
ミキシング的に音量のバランスを取ってしまった後で、
オートメーション一から描き直すっていうのは面倒なので。

4.コードとコードスケールをトラックヴューに記載できるようにして。
正直忘れるんですw。音や譜面を見れば分かるのですが、
やっぱり目で確認したいので記載できるようにして欲しいです。

5.ルーティング表示をして欲しい。
バス・トラックやセンド等々、結構複雑なんですよね。
ルーティングビューなんていう機能があってもいいんじゃないかなあって思います。
音の流れがひと目でわかるようなビジュアルの画面。

6.モノラルとステレオの表示を変えて欲しい。
音量のレベルメーターがステレオ表示のままです。
(LRの二本のレベルメーターが同時に動くんではなくて一本表示にしてほしい)
音源がモノラルなのかステレオなのかというのが、音を聞かないで目で見てわかるとすごく楽なので、
レベルメーターの表示を変えて欲しいです。

7.パンローの設定ができない。
多分-3dbになってるような?
詳しくないのでわからないのですが、パンローっていうのは設定若しくは記載があっても良い気がします。

8.トラックのオートメーションや録音パンチイン用のサブトラック?みたいなのが、
均等にしか広くならないので、一部を大きくしたり出来るようにして欲しい。
音量はなんというかこだわりとかじゃなくて0.1dbぐらいまでどんな人でも認識できると思うので、そういうのが書きづらいです。

9.各種パラメータの数字入力について
テンキーで入力させて欲しい。マウスでコンマ以下をグリグリ合わせるの大変なんです……。
勿論打てるのもあるのですが、うてない箇所がいくつかあった気がします。

ダメ出しをしたので、
次回、僕がSONARをで良いと思うところを書きますね!
乞うご期待(*´ω`*)。

CeVIOエディタちょっと考えてみてのまとめ

CeVIOについてちょっと考えてみました。

Twitterでアドバイスも頂けました。

もう少し自分の中でしっかり整理したいなと思うので、
詳細にこう!っていうのは控えるのですが。

エディタがかなり改善されていて更にわかりやすくなってます。
タイミングで音素でのエンベロープ(I'm not for sure)を表示しながら、
編集ができるのでどこのタイミングで音量を上げるのか、
ピッチをしゃくるのかが非常に分かりやすい。

逆にこれはCeVIOのメリットでもあるのですが、
ノートに対して自動でアプローチしてくれるのですが、
他方それは機械的な同様のアプローチをが出されることで
人間ぽいけど人間ぽくないのを出していて、
それをCeVIOエディタで調教して扱ってくれよっていう意図を感じます。

この辺り、どうにかなるのかどうにもならないのかがまだわからないです。
一応、既存でネットで流れている僕の知る曲で、解決してる曲はまだ聞いたことが無いです。

僕自身に対する問題として、ヴォーカルの知識が希薄なので、
この辺りを補ってちょっと頑張ってみようかなあって今考えてる最中です。

う~んw。

後、加えて、これをやることによって、自分以外の人に伝わるかという問題もあるので、
根を詰めて一度しっかりやって答えを出せたらなと。

悩ましいです。

DTMとPC

一応僕なりの考え方

最近、DTM初める上でPCどうしたら良いですかという質問をもらいました。
これ後ほど、ちゃんとHPでまとめてみようかと思いますが、
先んじてブログで。

一応、目標は有名Pぐらいの曲を作るって考えてみようかと思います。
楽曲はボカロ曲でバンド形式なんだけどシンセが入る感じぐらい。
純粋なバンド形式じゃないよっていうぐらいです。
勿論、作曲からマスタリングまで。

これを踏まえたうえで、
ストレス無く、向こう10年ぐらい使える、スペックなんですが、
Corei7(4xxx桁のデスクトップCPU)
メモリ16GB
ストレージSSD1TB(どーしてもキツイなら500GB若しくはHDD)
です。


僕の候補的には
MAC&Logic
若しくは
Win&StudioOne

でしょうか。

Logicは音源や操作性ともに良いとよく聞きます。
じゃあLogicでいいやん!って思うかもしれないのですが、
MACじゃないとLogicって動作しないんです。

MACは単品で買えないので、ハードも含めて買うことになります。
故に、上記のものを公式ページの価格で購入するとなると、かなりの値段に(;^ω^)。
20万~30万の間かと思います。

他方、Win&StudioOneですが、
Winはパーツで組めるので、
20万以下で組めます。
(僕は秋葉原でパーツを買って組めるので、タイムセール狙いまくって恐らく15万以下で組めるかと思います。)

しかしながら、
これには落とし穴もあって、
DTMやるには音源も買わなくちゃいけないわけです。

DAWの付属音源でも頑張れますが、
シンセ系のみ以外で生音系の楽器(つまり、バンドの音)を買わなきゃいけないわけですね・・・(;^ω^)。

ぶっちゃけLogicって使ったこと触ったことないのですが、
Logicの中に入ってる音を少し聞いた時があって、
結構いい感じなんですよね。結構頑張れそう。

あとLogic自体が安いです。2万円しなかったはず?
SONARやCubaseは高いです(;^ω^)。


だが、しかし、
Logic使ってる人だって、付属音源欲しくなる人は結局買います。
それは使いこなせてないんだ~云々あるかもしれませんが、
買ってる人見てますし、ほんとうの意味でDAWを使いこなすっていうのは結構高いレベルだと思います。

「DAWの使い方わからないんです~><」と、僕今でも問い合わせしますし……。



でも、難しいところですね!
UADというプラグインがあるのですが、これ結構高価で、PCが買えちゃう値段なのですが、
これを買ってから、プラグインを挿す量が減りました。
また、ビンテージプラグインに逆に頼らなくなりました。

オーディオインターフェイス、モニタースピーカー、モニターヘッドフォン、ケーブル、
その他高いプラグインを買い揃えてようやくわかったんですが、
これを買い揃えても楽曲はかっこよくなりません。

WAVESのシグネイチャーシリーズも少し持ってるのですが、僕は全く使わなくなりました。
結局腕がないとシグネイチャーシリーズすら使いこなせないっていう(;^ω^)。

逆言うと買ったおかげで色々わかってきました。
使う量減ったけど(;^ω^)。

恐らく音源も然りで。
DTMが課金ゲーになるのは基本レベルが上がってからかと。
今はそれをサポートする課金もあるのですが……。


話が逸れましたが、
ぶっちゃけどのDAW使っても良いかと思います。

個人的には値段対して変わらないし、音源は日々進歩してるので、
新しい音源が欲しくなる人はどのDAWを買っても買うかと思いますし、それが面白くもありますし。


ただ、PCなんですが、
PCだけは最上位版で!
Corei7(4xxx桁のデスクトップCPU)(4万円ぐらい)
メモリ16GB(2万円ぐらい)
ストレージSSD1TB(4万円ぐらい)
が後悔しないラインかと思います。

勿論これよりスペック落としてもDTMはできますし、どうにでもなります。
でも、僕の場合はこのスペックより落とすと後悔するかと思います。



あとPCヲタでもあったので、
実はこのスペックよりPCケースにこだわりたいっていう




追記
この手の話は難しいですね。
勿論DTM以外の用途の兼ね合いもあるでしょうし、
拡張カードを刺したい人もいるでしょうし。
サンダーボルト欲しい人もいるかと。

うーんw。


追記2
僕はLogicもStudioOneも使ったことがありません。。

何故SONARなのか、そこにSONARがあるからです。

SONARですが、勿論弱い所あるんですけど、
直感的で使いやすいです。

ONENightCarnivalプロジェクト内部

こんばんわ。
橙色のダイです。

昨年、川崎で良い思いをした友達が大変嬉しそうに話すので、
ものすごく悶々とした気持ちになり、曲で気持ちを消火しました。
多分、昇華出来たかと思います。

僕も前に働いていた仕事の都合上、キャバクラには行ったことはあるのですが、
ガタイの良い中国人のママに人生について説教された記憶だけ残っています。
ぐぎぎ。

今回投稿したONENightCarnivalですが、
せっかくなので、ざっくりどういうのを使ったのかをプロジェクトファイルで見てみようかと思います。
先に楽曲はこちら↓



えっと、半年前に作ったのでもう中身忘れました……(;^ω^)。

ホントは内部をですね……見せたいのですが、プロジェクトファイルが開きません(`;ω;´)。
他の人は大丈夫なんですが、僕のSONARはメロダインバグを抱えてまして、しかしバグに負けたらそこで試合終了です。
そこをなんとかSONARさんとがんばってファイルを開きました!(*゚∀゚)

ONE-project1.jpg


ちっちゃくて見にくいのですが(写真をクリックすると拡大されます。)、したの方で70トラックぐらいです。
なので、MIDIトラックを抜いて実質的には大体50トラックぐらいには収まってるかと思います。
すみません。この時はめんどくさくてWAV書き出ししてない時でして、今はWAVに変換するようにしています。

最近個人的に思うのはトラックの数は多くないほうが良いです。
多すぎると把握できなくなってくるので、出来るだけ100以下になるように頑張ります。
(僕の場合は50超えると結構辛いです。これなんだっけ?……と言った具合です(;^ω^))

トラックを全部画像で表示しても需要なさそうなので、とりあえず、シンセの音は殆ど「まっしぶ」を使っています。
途中結構全体の音色が変わってるのはフィルターを使っています。
勿論EQでやっても良いかと思いますが、
僕はSONARを愛している(( ゚д゚)エッ!)ので、SONARに付属してあるBifilter2というプラグインを使っています。

ONE-project2.jpg

これが結構便利でして、使うと「ぴびゅうううううう」とか「どぅわああああああ」とか、いい感じになってくれます。
こういうフィルは、別にエレクトロ系じゃなくても、使うと結構かっこいいので、
やってみると楽しいかもしれません。

そして半年の時を経て、アップロードする直前に聞き直したのですが、
半年も経つと一応レベルアップもするわけでして、ちょっと補正をやっていきました。


いやー、半年も経つと人間考え方が大きく変わるようでしてw、
ん?ここアカンやろ……とかここだけはなんとかしないととか……(汗)

具体的にはハイの音で耳障りになってしまってるところをピークでカットしました。
この曲は11,000hzぐらいだったかと思います。
そこをカットしました。
最近つくづく思うのは、ハイの処理は結構難しい箇所なのかなあと思いました。
耳障りな音が全く0だと迫力がなくなっていく感じもしますし、
かと言って多すぎると辛いですし。

この辺り曲ごとに違ってきたり音源ごとに違ってきたりするので、
探してみて調節していくのが一番かと思います。

まだまだ先は長いような気もしますが……(;^ω^)。
今年は結構曲を出していきますので、
良かったらちら見してみてくださいね(o・ω・o)。


ではでは~(o・ω・o)ノシ。