初心者から始めるボカロP

ボーカロイドの楽曲を作成しています。

コラボ等お待ちしています。

TwitterにDMを下さい。

また、夏コミC86のCD完売でした。

本当にありがとう(`;ω;´)

TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年05月
ARCHIVE ≫ 2015年05月
      

≪ 前月 |  2015年05月  | 翌月 ≫

上達の考え方

上達の考え方について。
たまたまこの話をすることがあったので、書いてみる。
自分への戒めにもなると思って。

語弊を恐れず書きます。
ケースバイケースって言うことを念頭置いといてね。

第一にゴールを作るってこと。
ゴールはなんでもいい。
「自分の好きな曲」でもいいし、若しくは「自分が描いたイメージ」でもいい。

「自分の好きな曲」なら、音として既に聞けるので分かりやすいかも。
「自分が描いたイメージ」なら、そのイメージを精密に頭のなか(紙でもいいけど)描くこと。

「自分が描いたイメージ」は未だ音になってないので、
音にするという作業が入ります。その分難しいかも。
また、イメージを描くのは結構大変な作業です。
(僕の場合曲を実際にDAWに打ち込むより時間がかかります)

とりあえず、ゴールを作って下さい。
そこに向かって努力をします。

ゴールがテキトーだとなにが正解かわかりません。
音楽に正解はないですが、練習なのですから、自分でゴールという正解を作るわけです。

こういう考え方もあるよねっていうのはもちろんそう。
だけど、自分の中できちんと正解を作っておくこと。
練習してるんだから。

第二に、自分のフィーリングだけで曲を書かないこと。
勘違いしちゃいけないのは、僕は自分のフィーリングに基づいて曲を作るのを否定していません。良いことだと思います。
しかし、それは自分のレベルの曲ということです。
上達ということを考えた時に、今のものより良いもの、新しいものを自分に取り入れなければいけません。
自分のフィーリングのみでやってる時点で上達には結びつきにくい。わかりにくいんです。
(ピコーン!と閃くことはあるかもしれませんが。)

別の観点から言うと、プロの人が自分のフィーリングのみで曲を作ったら、きっとそれはかっこいい曲です。
しかし、かっこいい曲だとしても、レベルという意味では、その人のレベルの曲になるわけです。
さらなる高み、更なる何かを目指すために、新しいジャンルの音楽を聞きに行ったり、精通してない楽器の勉強をしたりとするわけですよね。それを取り入れた楽曲こそ、レベルアップした楽曲になるわけです。

僕は高いレベルに達していないので、高レベルな話ではなくて、低レベルな話と見てもらえればいいんですけど、
これ結構当たり前の話ですよね。

受験勉強とかのやり方とかと全く同じで、みんな体験してきたはずなのに、
何故かそれが別の形になると理解されないことがあります。

しっかりゴール(目的・正解)を決めて、そのゴールが自分のフィーリング以上のものであること。
それを達成できれば、自分のフィーリングに新しいフィーリングが加わり、レベルアップ。

僕が最初によくやった失敗が良い曲をかこうっていう思考パターンです。
んじゃ良い曲ってなによ?っていわれると回答できなかったんですよね。
今は回答できないなら書けないって割り切ってます。
逆に言うならもうイメージが固まってないから絶対たどり着けないんです。ゴールがないから。
イメージ=ゴールっていうのはそういうこと。
そんな時はひたすらイメージの練り直しです。



初心者に陥りやすいパターンを書いてみました。
勿論、これだけが正しいやり方ではないし、間違ったやり方かも知れませんが、
今はこういうことに気をつけている感じです。
語弊を恐れず端的に書いています。不快な思いをさせてしまったら申し訳ありません。

↓少しでも楽しんで頂けたらぽちっとお願いします(*゚∀゚)。
スポンサーサイト

今後の課題が見えてきた

自分の作品って結構かわいいので、アップロード直後はどうしてもちゃんと見れないんですよね。
でも、そろそろ客観的に見えてきた感じがします。

次はここやってみようと思ってるところ列挙。

①フェーダー書きを増やす。
今回実はちょこちょこフェーダーを書いてたのですが、
書いてないところもあって、もうちょっとフェーダーを書こうと思います。

②ボーカルのディレイとリヴァーブをもうちょっと考えてみる。
これは正直出来ないかもしれません。イメージがついていないからです。
自分の中でイメージがないと、ゴールに辿りつけないからです。
だって、イメージがゴールなんですから。

んー困った(´・ω・`)。

③ミキシングからマスタリングを考えてみる。
DTMerの良い所って逆言うと一人で完パケするところで、
自分で最終的な目標に作曲アレンジミキシングから考えられるってところだと思います。
これは作曲専門ミキシング専門マスタリング専門の人には出来ないことで、(いや、やれば出来るんだろうけどw)
DTMerの特権ですよね!!!
次回はステレオ感を意識してミキシングマスタリングしてみようと思います。
どうしても音圧上げるとステレオ感が崩れるからです。

④パンニング
指摘されるまで気が付かなかったのですが、SONARのコンソールのパンだと定位の配置が雑になります。
(数値上設定できない・しづらい定位があるからです。)
なので、付属のステレオイメージャー若しくはWAVESのステレオイメージャーを使ってパンニングしてみようと思います。

⑤EQ
各トラックのEQは悪くなかったのですが、次は幾つかのトラックを複合的にEQをかけてみようと思います。
これは別に今回の反省点ではないです。今回の自分テーマは個別のトラックのEQ処理に焦点を当てていたので。
今回の自分テーマからするとEQ処理は大成功でした。
テーマを持って練習するのが大切です。
一気にたくさんのテーマを持たないことも。何が成功して失敗してるのかわからなくなりますからね(*゚∀゚)。

⑥コンプ
R-comp等々使うのやめてみようかなと思います。
次は全部VSC-2でやってみようかと考え中。

⑦エクスパンションを書いてみる
ストリングスを次の曲で使うかどうかわかりませんが、
エクスパンションを書いてみようと思います。
ピアニカで息を吹き込むイメージです。


未だ暫くは自分のフィーリングに頼らないようにやっていこうと思います。
しっかりイメージを持って、根拠を持って、できるだけ理論にそって。

勘でできるだけやらないように(`・ω・´)シャキーン。

これまで1年半DTMやってきて

少し僕のことと今までのことを書こうと思います。

エレクトーン小さい頃にちょろっとやりました。
でも楽しくやってるぐらいなので、Gとか言われたらソシレかな?なんて思うぐらいです。
少なくてもクラシックは全く弾けないですし、チェルニーすら弾けません。(今でもw)
なので、指は全く動かないっすねw。

ギターもちょっと憧れて買ったのですが、3曲ぐらいコピーして終わりました。
レッチリのスノーを止まり止まり弾いたのを覚えてますw。

なので、音楽自体に抵抗はなかったっていう感じ。
この抵抗がないっていうのが大切なのかもしれませんが、演奏技法や音楽的知識は0と言って差し支えないかとw。
スケールやキーすらほとんど理解してませんでしたから。
おたまじゃくしは数えれば読めるよ!!そんな感じ。



ふとしたことで好きなコトやろう!!って思って、それがたまたまボカロだった。
恥ずかしながら、ボカロに夢を感じたんですよね。
知らない誰かと繋がって作品ができていくってすごく夢があると思います。
あとTell Your Worldがめちゃめちゃかっこよかったw。


そして、作曲が始まります。
一番最初の頃どんな気持ちでやってたかなんてあんまり覚えてないんだけど、
最初に完成した時は涙出るくらい嬉しかったの覚えてるwww。

でもそんな中どっか不満はあったんだけどね。
なんか市販のCDぽくならないとか。

因みに一番最初に書いた曲はこちら↓↓




今はこれ↓↓




前に描いた曲を蔑むつもりはないけど、まあよくここまで来たなとは思いましたw。
(実は今聞くとそんな悪くないやんともちょっと思ったりw)
逆言うと時間かかったな-……。
もっと簡単かと思ってました。曲を作るのって。

聞くと簡単そうなんですけど、実際作って見る側になってホント大変だったw。
全部一人なんですよ……。
作曲・編曲・ミキシング・マスタリング。やっぱどれか一つ欠けるとクオリティが一気に落ちるので、辛いですwwww。

しかもアレンジのところとかは、その楽器を知らないとやっぱりちょっとなんだかなーってなりやすいです。
ドラムとかベースとかはなんとなく打ち込んだだけだと違和感出やすいですね。
最初は違和感の戦いでした。(今もですが……w)

ミキシングは、まずコンプとかEQとか何?みたいなwww。
特にコンプなんて指しても効果全くわからなかったですし、なんか音小さくなってる(;^ω^)位な感じでしたw。

マスタリングはいまでも ん?ですがw。
でも自分で頑張るようになってよかったと思います。

その他、動画にするために、動画制作できる人とか、素材のイラスト描いて貰える人とか探したりとかも。


途中、機材購入のため、半年間仕事オンリーの時もあったので、
多分実質1年ぐらいだと思ってるのですが、

一応今思う感想を述べます。
これから初心者からDTM始める人に向けて。















やめとけ。( ゚д゚ )クワッ!!















嘘ですwww。
どういう曲を作りたいとか、どのレベルまで持って行きたいとか、によって変わってくるかもしれませんが、
僕の場合はアニメのOPぐらいまで持って行きたいでした。
だってかっこいいじゃん!!どうせだったらかっこいい曲がいい!!
そう思ってしまったんですよね……。

僕はこの1年での実体験でしか語れないのですが、
前提は所謂アニメOPとかニコニコ動画トップの人たちとかに追い付くのが前提として、
とりあえずわかったこと。

①メッチャ金かかる
②メッチャテクがいる
③届かないなんかの領域があった
④逆に

①メッチャ金かかる
まず機材だけでも彼らに近づけましょう。
テクニックはなかなか追いつかないので、機材だけでも追い付きたい。
こちらはある程度頑張れば……(`;ω;´)何とかなりますからね。
(勿論スタジオレベルまで行かなくても、それなりなものを揃えてこうということです。)
特に音源。楽器弾ける人はそれがものすごい武器になります。
僕は弾けないので丸腰です。( ゚д゚)

②メッチャテクいる
まずギター5年やってましたとか、小さい頃からずっとピアノやってますとかそういうの除外しますね。
この人たちはDTMは初心者かもしれないですが、音楽は経験者です。
そういう人は、ある程度音楽に精通してるので、それをDAWにどう落としこむかです。

僕みたいなDTMも初心者且つ音楽も初心者は結構キツイと思いますw。でも、一応一年でここまでは来れる。


そして、初心者さんに必見情報。この認識を間違ってはいけません(`・ω・´)シャキーン。
ここメッチャ重要だと思います。
DTMは一般向けになりました。
それは価格的にですね。一般の人でも手が届く金額になっただけです。
楽曲を制作するのはこれまでと変わらないので注意です。

DTMerは基本一人で完パケします。
なので、楽器で言えば、ドラムのフレーズを知ってるとか、ドラムらしくするにはとか。
ジャンルで言えば、EDMらしくするにはとか、ジャズっぽくするにはとか。
その他、覚えることが沢山あります。
ミキシングとかもそうですね。


③届かない領域
ギターとかは出来るなら演奏してもらっちゃったほうが早いです。
これからギターを5年勉強して、そのあと、DTMでーなんてやってたらそれこそおじいちゃんになってしまいますw。
出来ないところは補完してもらいながら、っていうのが理想。
奏法や音作り等々、その楽器の専門パワーを貰うだけでめちゃくちゃ曲がかっこよくなります。

僕みたいなぼっちは全部一人ですが(´・ω・`)。


④逆に
今回の曲のONEGAIなんですが、全部打ち込みです。
なので、楽器を演奏して録音したものはないです。
でもまあ、それなりに聞けたんじゃないかと!!!
(そりゃ専門にやってる人からしたら打ち込みかな?ってすぐわかると思いますがw)
僕もそうだったのですが、打ち込みってやっぱダメなのかななんて思った時もありますが、やっぱり打ち込む腕です!!!
(そりゃ演奏してもらったほうが楽?だしかっこ良くなるんだけど、)
諦めずに頑張りまっしょ~~~~(*゚∀゚)。

因みに今回のドラムは全部自分でフレーズ作って、自分でカチカチ打ち込みました。
タイミングをビミョ~にずらしたり。

そして、自分では足りないところとかは認識できているので、あと3倍ぐらいサクサク上手くなれます。
僕の今の課題は練習方法ですね。自分と上手な人とで何処に差があるのかは認識までいけていますが、理解できないんです。具体的にどういう処理をしてるのかとか、どの処理が足りないとか。
だから、確固たる練習方法が未だ確立できてない感じです。
ゆっくり上手になるなら、あんまり気にしなくてもいいと思いますが、早く上手になりたい!

今後ドンドン新曲もアップしていくので、応援よろしくお願いします(*´ω`*)。

↓少しでも楽しんで頂けたらぽちっとお願いします(*゚∀゚)。

ONEGAI



新曲投稿です!!

前々から告知してたONEさんです。
結構クールな感じに仕上げてみました。

イラストはbokkun

ボーマス31とコミケ88に収録予定です。
(当落まだ出てないけどw)

今回この曲を書いて、とりあえず、なんだろう、トンネル一つ抜けたかなって思いました。
まだまだ、足りないところもあるので今後も精進していきます(`・ω・´)シャキーン。

ドンドン良い曲を書いていくので、応援よろしくお願いしますね(*゚∀゚)。

明日はONE発売だよ(*´ω`*)

まあ体験版のボイス出てるので、アップする気なら何時でもアップできると思うんですが、
やっぱ誕生日?(発売日でいいのかな)にアップしたいですよね(*゚∀゚)。

因みにDL販売は未だありません。(2015-05-21現在)
なのでパッケージ版しかないのでご注意を。

未だ忙しいので、明日になったら、色々CeVIOについても描きたいと思います(*゚∀゚)。
因みに、体験ソング&ボイスは5/31までです。
興味ある方はちょっと触ってみても良いかもしれないですね。


Twitterでも何度かつぶやきましたが、
ONE素晴らしいです。(さとうささらも素晴らしいですがw)

DTM的な処理しやすい・可愛い声・IAさんといちゃいちゃ。

この三拍子!!まさに無敵。( ゚д゚)

もともとさとうささらは使っていたので、ONEもすごく良くなることははじめから予期出来たわけですが、
体験版使った最初の感想は、声が新しい!!

お姉さんっぽい声なんですけど、今までお姉さんぽい声っていうのはそれなりにあったと思うんですが、ちょっと滑らかさにかけるとか、調教に手間が掛かりそう(偏見)と思ってたのです。

でもONEさんは「わかってるぞ!よしよし(^_^)/(^ω^)」的な感じで、
滑らかに且つ「可愛さを残したお姉さんの声」で歌ってくれるんですよね!!
お姉さんだけに留まらないこの感じが凄く素敵です。

まさにツンデレ!( ゚д゚ )

また、さとうささらでのバグフィックスが活きてるのか
自分が使った範疇では格別変な挙動はありませんでした。
(とは言え、未だ一曲しか買いてないのですが)

(脱線ですが、エディターに一時停止(その場でストップ)と停止(再生時に戻ってストップ)の概念をつけてくれとCeVIOに要望出してしまいました。それ以外は結構使いやすいです。すぐ、CeVIOから返信もらえたのも好印象(*゚∀゚)。)

↓少しでも楽しんで頂けたらぽちっとお願いします(*゚∀゚)。

メジャー感とマイナー感とベースとリアルっぽさ

初心者の戯言なので、あんまり気にしないでください。

僕の仮説というか、そうなのかなーなんてちょっと思っただけです。


今日は実際ベースを弾いてる方にお話を伺えたのですが、
別に楽器買ってないのにベースを教えてもらえたっていうこのサービス精神。

そして、僕は楽器が弾けないので、打ち込みです。
だから、鍵盤上で見るしかないわけです。

加えて、メジャーとナチュラルマイナーに関しては正直同じに見えてます。
今でもほぼ同じに見えます。(実際には違うんだろうけど)

故に、マイナーらしさを出すためには、ハーモニックマイナーとかメロディックマイナーの
音を出すとかがマイナーらしさだと思っていました。


ただ、今日実際にベースの演奏を見せてもらったのですが、
メジャーとマイナーで運指が違うんですね。
メジャーで演奏しやすい音譜とマイナーで演奏しやすい音譜とがあるらしいのです。

それが人間らしさを出すのかもしれないですし、
意外と運指のしやすい音っていうのが、私達が聞き慣れてるわけで、
そのことが、メジャー感やマイナー感を出すのに一役かってるのかもしれません。
そんなこと思いましたw。

あとメジャーの場合中指で押さえるんですね。
そういう運指とかを意識して打ち込んでみるともっと良くなるのかもしれません(*´ω`*)。

今日色々教えてもらえたので、また曲に反映していこうと思います。
(ご好意で教えてもらったので頭がさがる思い)


僕は未だまだ加速度的にレベルアップできます(`・ω・´)。
あとは練習方法なんだ……。効率的な練習方法が確立できないのが、悩ましい。

↓少しでも楽しんで頂けたらぽちっとお願いします(*゚∀゚)。

機材・プラグイン 2015-05-20現在

持ち物書いていきます。

【DAW】
SONAR PLATINUM

【AudioInterface】
FirefaceUC

【MidiKeyboard】
A-500pro
A-49

【モニタースピーカー】
MSP5 Studio

【モニターヘッドフォン】
audio-technica ATH-SX1a
SONY MDR-CD900ST

【マイクプリアンプ】
ISA-TWO

【音源】
―ソフトウェア―
Addictivedrums 2
Melodyne Editor
Komplete9 Ultimate
Electri6ity
MaximumForce
さとうささら
ONE
初音ミクV3

―ハードウェア―
INTEGRA-7

【AudioFX】
WAVES Gold
WAVES Maserati Vocal
WAVES Vocal Rider
WAVES Renaissance Channel
WAVES Eddie Kramer Guitar Channel
T-RackS Deluxe
OZONE 5
Vertigo VSC-2
Dynamic Spectrum Mapper V2
SlateDigital Virtual Tape Machine
SlateDigital Virtual Console Collection

↓少しでも楽しんで頂けたらぽちっとお願いします(*゚∀゚)。

初心者のプラグイン幻想。勘違いしやすいこと(´・ω・`)。

最近僕自身が思い始めたこと。

僕がめっちゃいいプラグインをもってないだけの可能性あるかもしれませんが、
初心者の方が(特に僕だったんですけどw)、
思い描くような激的にどんな音源でも良くなるというプラグインは多分ないですw。

この「どんな」音源っていうのが味噌で、
音源が良くなるプラグインはあるんですが、
録音に失敗してる、そもそも音源自体がなんかショボイ、
そういうのは良くなりません。

使えないのが使えるようになるぐらいはあるかも。

1年半近くしかDTMやってないけど、所謂、「クソみたいな音源が見違えるように良くなった」ということは遭遇してないです。そんなプラグインあったら教えて下さい。

出音がやっぱり命で、もともとかっこいい音はかっこいいし、
かっこいい音にプラグインを挿入すると整って使いやすくなったり、キャラクターが変わったりとかはありました。
そういうものなんじゃないかなと思います。

逆に「クソみたいな音源」っていうのもなかなか無い気もしますけどね……。
自分が使いたい音じゃない・自分の曲に合わないっていうだけで。

結局音源選び・音源作りっていうレベルが低いから、
そういうふうになったりするのかななんて最近は考えてます。

僕のレベルだったらプラグインより、(;^ω^)
アレンジとミキシング的なアレンジと音源選び・音源作りを頑張ったほうがクオリティあがります。

多分そこを超えてからの話、プラグインどうこう言うのは。
でも、どうこう言っちゃうんだけどねw。
(あ、でも、シグネイチャーとかボーカルライダーとかは全然買っていいと思うw。
なにも考えなくてもそれなりになるからw。どっちなんだ、おいw。ミキシング楽する代わりにアレンジがんばるんば。)


精進や-精進するんや-、僕。

↓少しでも楽しんで頂けたらぽちっとお願いします(*゚∀゚)。

リヴァーブとディレイ

いわゆるそれっぽい感じの曲を作るのに必須の技術です。

なんで今まで気が付かなかった……。


おそらくこれが初心者と中級者を明確に分けてるかもしれません。
そのぐらい重要だと今ひしひし感じています。
(というか楽曲を作成する上で超弩級の重要度でした……。)


僕はこの辺り全くやって来なかったので、
そろそろ始めてみようと思います。


楽曲のクオリティをあげようと思ってる方で、
リヴァーブとディレイのパラメータ全部説明できるでしょうか。

もし出来ないなら、やってみると楽曲のクオリティぐっと上がるかもしれません。


はぁ……今までの時間って一体…………。


THE VOC@LOiD M@STER32 共同参加者募集(*´ω`*)

一緒にイベント参加しませんか?(*゚∀゚)
僕も誘われた側です(*´ω`*)。

通称ボーマス、ボーカロイド関連の同人イベントなのです。
自分の作った曲がハード媒体になるとなんかちょっと嬉しくなりますよw。

^6D59CB00DA3FF5EABC1C74FD998B9D3A4AD6DD58B8F4510E9C^pimgpsh_fullsize_distr

なんと!!!
ARIA ON THE PLANETESコンビならぬコンピです!!
(すみませんw(;^ω^))

IAさんを持ってる方は多いのではないでしょうか(*゚∀゚)。
そして、現在体験版配布中のONEさん( ゚д゚)。
僕も体験版をいじってるのですが、めちゃめちゃ良いです!!
(ささらさんがきゅんきゅんだとすると、
ONEさんは大人ぽくありつつもあどけなさがある感じな印象です(`・ω・´)シャキーン)


今回、僕が連絡窓口になりましたので、
参加したい方やもうちょっと詳しく話を聞きたい方は、
僕のTwitterに連絡下さい。

では、お待ちしているのであります(`・ω・´)ゞ。

すこし拓けてきた。

色々悩んでたことが解消してきました。
暫くこれで作曲に専念できそう。

多分一気にレベルアップ出来そうです!!!

結構いい曲がかけると思う?そんな気がしてるので、
自分の中である程度納得したら、ここまでの過程をまとめようかなと考え中。
対象はほとんど音楽やってない人からDTMに対する取り組み方的な。

DTMって金額的には優しくなったから初心者にもできるしっていうだけで、
音楽自体は全然優しくないので、DTM機材関連買ったけど寝てるっていうは多いと思うんですよね。

こういうのは僕じゃないと書けない気がしたので。
僕より上手な人たくさんいるけど、もうもともとプロとかガンガンバンド組んでましたって人多そう。


そうそう本買いました。
リヴァーブ和声 本

リヴァーブは正直理解して使ってないので、そろそろ理解して使いたいなっていうのとリヴァーブに向きあおうという意味で。上手な楽曲ってリヴァーブの使い方は勿論上手で、でもどう上手なのかがわからないのです。

あとは和声学の本。これやるのはもうちょっと先ですが。
こういうのサボると多分上達が遅れる。そんな気がした。



後、ちょっと上達方法について。
自分に対する整理の意味も込めて。

意識すべきは観測→認識→理解→実行
これです。

【観測】
観測は初期の段階で、
例えばリヴァーブがすごく綺麗で奥行きを出してる楽曲がある。
このこういう楽曲があるということを知る(観測してる)というのが大切です。
誰かが作れるってことは自分にも作れる可能性があるからです。
誰も作れない音を想像して、それを自分で作るのは非常に難しいと思います。

【認識】
実際にやれるかどうかは認識の問題。
例:自分の楽曲を聞いて、ローの周波数帯が濁ってる感じがする。こもってる感じがする。
ローがこもってるっていう認識ができるかどうか、ローがこもってない楽曲を聴いて、自分の楽曲がこもってるって認識できるかどうか。
おそらくエンジニアさんの聴力と僕の聴力は一緒だと思います。同じ人間なので。
けれど、エンジニアさんのミキシングが僕より素晴らしいのはこの認識力の問題だと思うのです。
聞く場所を認識出来てる。おかしいとなる部分を認識できる。
多分それだけ。 

【理解】
認識さえ出来てしまえば、それをどう処理するか(理解するか)です。
フェーダーを下げるのか、EQを使うのか、音源を変えるのか。
きちんとした理解が出来れば処理の仕方が自ずと定まってくるハズ。

【実行】
結局アウトボード通さないととかになると、金銭的に無理な場合があります。
このプラグインだとこれっぽくならないとか。
ここの音源はハムバッカーのギターじゃないとそれっぽくならないとか。
どう実行するか、どういうふうに代理で済ませていくかという点。


今後暫くはこれを意識して上達していこうと思います!!!
できるだけフィーリングでやらないように。早く上手くなりたい。
じゃないとモチベーションが保てない。(;^ω^)



↓少しでも楽しんで頂けたらぽちっとお願いします(*゚∀゚)。

ELECTRI6ITYについての現状

いろいろ試してます。

残念なのが僕のギターサウンドの音作りのレベルがもともと高くないっていう点w。
ちっくしょおおおおおお。
ギタリストさんがいればもっと色々出来るんでしょうけどw。

今の成果としては、軽いリフはいい感じ。重いリフがいまいち思った感じになりません。
後でなるようなバッキングとかはかなりいい感じ。

前に出てくるバッキングはあんまりうまくいってない感じがします。

ELECTRI6ITYをあまり設定を強く作りこまない感じで使ってるんですが、いい意味で、楽曲に馴染んでくれる感じがします。
ギターを主張しないっていうか。

ギターが一番の主役だとちょっと物足りないかなって思うんですけど、僕個人としては、ギターが2番め3番目のサブ役若しくは、なんかギターが鳴ってるぐらいだとELECTRI6ITYって結構ハマるなって印象を今は持ってます。

おおおおお、なんかこれはいい感じなってきたのでは!!!!
大したテクニックじゃないですが、そのうち公開しようと思います。
逆に僕もこういう設定のほうが良い感じなるとかも知りたいですしね!!(o・ω・o)

演奏できなくてもできるだけ良い曲を作ろう!がんばろう(゚∀゚)。
↓少しでも楽しんで頂けたらぽちっとお願いします(*゚∀゚)。

ELECTRI6ITY挫折した人ってもしかして結構いる?

タイトルのようにと思ったのは、
まず、大抵楽器やってた人はギターを録音する方向に向かうからです。
他方、僕みたいな場合ですね。なんだろう、楽器弾けない系だんしw。

そして、ギタリスト確保が難しい場合です。
こちらもおそらくCD出す殆どの場合がギターを生録音、若しくはギタリストに依頼という形を取ると思うので、
アマに多いかもしれません。

そう考えると、どちらかと言うと、音楽にあまり精通してない人が使ってる場合が多い?なんて想像しました。
更に、この操作の煩雑さw。

というか、パラメーターわかりづらいんじゃないかなってw。

僕も多分使いこなせてないw。ただ、ネットにもほとんど説明見つからないんですよね……。
もうちょっと使い込んで一局書いてみたら、簡単でもいいから使い方書いてみようかな(´・ω・`)。
需要ある?

音源でなんかイマイチぽくならないのってボーカルとギターだよね……たぶん。