初心者から始めるボカロP

ボーカロイドの楽曲を作成しています。

コラボ等お待ちしています。

TwitterにDMを下さい。

また、夏コミC86のCD完売でした。

本当にありがとう(`;ω;´)

TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年04月
ARCHIVE ≫ 2016年04月
      

≪ 前月 |  2016年04月  | 翌月 ≫

DTMとPC

一応僕なりの考え方

最近、DTM初める上でPCどうしたら良いですかという質問をもらいました。
これ後ほど、ちゃんとHPでまとめてみようかと思いますが、
先んじてブログで。

一応、目標は有名Pぐらいの曲を作るって考えてみようかと思います。
楽曲はボカロ曲でバンド形式なんだけどシンセが入る感じぐらい。
純粋なバンド形式じゃないよっていうぐらいです。
勿論、作曲からマスタリングまで。

これを踏まえたうえで、
ストレス無く、向こう10年ぐらい使える、スペックなんですが、
Corei7(4xxx桁のデスクトップCPU)
メモリ16GB
ストレージSSD1TB(どーしてもキツイなら500GB若しくはHDD)
です。


僕の候補的には
MAC&Logic
若しくは
Win&StudioOne

でしょうか。

Logicは音源や操作性ともに良いとよく聞きます。
じゃあLogicでいいやん!って思うかもしれないのですが、
MACじゃないとLogicって動作しないんです。

MACは単品で買えないので、ハードも含めて買うことになります。
故に、上記のものを公式ページの価格で購入するとなると、かなりの値段に(;^ω^)。
20万~30万の間かと思います。

他方、Win&StudioOneですが、
Winはパーツで組めるので、
20万以下で組めます。
(僕は秋葉原でパーツを買って組めるので、タイムセール狙いまくって恐らく15万以下で組めるかと思います。)

しかしながら、
これには落とし穴もあって、
DTMやるには音源も買わなくちゃいけないわけです。

DAWの付属音源でも頑張れますが、
シンセ系のみ以外で生音系の楽器(つまり、バンドの音)を買わなきゃいけないわけですね・・・(;^ω^)。

ぶっちゃけLogicって使ったこと触ったことないのですが、
Logicの中に入ってる音を少し聞いた時があって、
結構いい感じなんですよね。結構頑張れそう。

あとLogic自体が安いです。2万円しなかったはず?
SONARやCubaseは高いです(;^ω^)。


だが、しかし、
Logic使ってる人だって、付属音源欲しくなる人は結局買います。
それは使いこなせてないんだ~云々あるかもしれませんが、
買ってる人見てますし、ほんとうの意味でDAWを使いこなすっていうのは結構高いレベルだと思います。

「DAWの使い方わからないんです~><」と、僕今でも問い合わせしますし……。



でも、難しいところですね!
UADというプラグインがあるのですが、これ結構高価で、PCが買えちゃう値段なのですが、
これを買ってから、プラグインを挿す量が減りました。
また、ビンテージプラグインに逆に頼らなくなりました。

オーディオインターフェイス、モニタースピーカー、モニターヘッドフォン、ケーブル、
その他高いプラグインを買い揃えてようやくわかったんですが、
これを買い揃えても楽曲はかっこよくなりません。

WAVESのシグネイチャーシリーズも少し持ってるのですが、僕は全く使わなくなりました。
結局腕がないとシグネイチャーシリーズすら使いこなせないっていう(;^ω^)。

逆言うと買ったおかげで色々わかってきました。
使う量減ったけど(;^ω^)。

恐らく音源も然りで。
DTMが課金ゲーになるのは基本レベルが上がってからかと。
今はそれをサポートする課金もあるのですが……。


話が逸れましたが、
ぶっちゃけどのDAW使っても良いかと思います。

個人的には値段対して変わらないし、音源は日々進歩してるので、
新しい音源が欲しくなる人はどのDAWを買っても買うかと思いますし、それが面白くもありますし。


ただ、PCなんですが、
PCだけは最上位版で!
Corei7(4xxx桁のデスクトップCPU)(4万円ぐらい)
メモリ16GB(2万円ぐらい)
ストレージSSD1TB(4万円ぐらい)
が後悔しないラインかと思います。

勿論これよりスペック落としてもDTMはできますし、どうにでもなります。
でも、僕の場合はこのスペックより落とすと後悔するかと思います。



あとPCヲタでもあったので、
実はこのスペックよりPCケースにこだわりたいっていう




追記
この手の話は難しいですね。
勿論DTM以外の用途の兼ね合いもあるでしょうし、
拡張カードを刺したい人もいるでしょうし。
サンダーボルト欲しい人もいるかと。

うーんw。


追記2
僕はLogicもStudioOneも使ったことがありません。。

何故SONARなのか、そこにSONARがあるからです。

SONARですが、勿論弱い所あるんですけど、
直感的で使いやすいです。
スポンサーサイト

サボりぐせのある僕がひたすら頑張ったもの

今日はちょっとした自分語りを。

なんか練習が滞ってるなんて言えない


メジャースケール全部覚えたのが凄く良かったと思っています。
多分一番最初にやるべきはこれかなーなんて思います。

最初は自分なりに曲を作ってみればよいかと思います。
なんでも良いので。

そうすると、なんで自分が憧れてるボカロPでも作曲家でもアーティストでも
あんなにかっこ良く聞こえるんだろうとか思ってきます。


そこからなんですが、
その後まずやるべきはメジャースケールをすべてガチンコで暗記するところなのかなと思いました。
かぶっているのを除けば12種類で済みます。
この辺りは理屈云々考えずにひたすら暗記して、その後理屈をつけていくのが良いのかなあと思います。
言うなれば九九みたいなもので、とりあえず覚える。

そうすると意外と世界がひらけてくるのかもしれません。
僕は結構サボりぐせがあるのですが、これだけはかなりまじめにやりました。
鍵盤が近くにないときは、机の上で鍵盤なしで弾けるかとか自分でテストしたり。


メジャースケールをすべて覚えてるというのが
後々コードを覚えたり、コードスケールをやったり、その他にかなり補助してくれるので、
最初のうちは考えて、メジャースケールを思い出すのもありなのですが、
完全に暗記してしまうと後々楽になると思います(*´ω`*)。

コードの練習始めて意識が結構ボイシングに向くようになってきた件

コードを意識するのではなくてボイシングに常に意識が向くようになってきました。
コードを選択するのはまだまだ時間がかかりますが、コードを思い出す時間がかなり短縮されたので、
他に(ボイシングに)意識を向けてみました。

どんどん右手のトップノートを上げていくようにしてみました。



しかし、まだちょっとなんというか
テンポ早くなったり調をいきなり変更したりとかすると手が止まっちゃいますね。
しかしながら、コードで止まってるのではなくてボイシングを考えて止まったりとかで、
他のことを考えて止まってるのでこれは良い傾向かもしれません。


基本的な練習を継続しながらもそろそろ他の方面へステップアップする時期まできたでしょうか?
キタ━━━゚.+:。ヽ(*゚ロ゚)人(゚ロ゚*)ノ゚.+:。━━━━!

コードを覚える練習方法ステップアップバージョン!(*゚∀゚)

今日は調子が良かったので、ブログもう一本更新しちゃうのです(*゚∀゚)。

コードを覚える練習は続けているのですが、
順番にルートをずらしていく方法だとどうしても左右スライドで覚えてしまいます。

おそらく理想はコードネームを浮かべたら手が自動的に動くって感じかと思います。

問題なのは左右スライドするのに脳のメモリーを使ってコードを弾いている場合が出てしまうことです。

そこで!!!!( ゚д゚)

アイディアが出てきました。

そうです。脳のメモリーを別なことに使えば良いのです。
Perfect4(完全Ⅳ度上)(半音5個ごとスライド)ごとにコードを弾く練習をしていきましょう。

頭のなかはP4を考えるのに僕の場合だと0.5秒使いますので、
その分フリーズします。
だから手が勝手に動かないと弾けてないことに気が付きやすいのです。

具体的には
C7→F7→B♭7→E♭7→A♭7→D♭7→G♭7→B7→E7→A7→D7→G7→C7

の順ですね。

同様にM7、m7や転回形もこの感じでやってみましょう。
慣れると意味が無いので、慣れてきたら今度は4度上ではなくて4度下とかですね!

なんでも良いんですが、脳のメモリーをほかのことに使いながらコードを弾くということで、
他のことを考えてても弾けるというのが、体得に当たるのではないかと考え始めました。

実際には作曲の他のことを考えながらコードを押さえられる練習ってことですね!




うおおおおおおおおおおおお!

ギターの練習方法

コードの押さえ方が甘いということがわかってきた。
というのも、コードの押さえるのは出来るのに、
なんで安定して押さえられないんだろうという疑問が浮かんだ。

アドバイスをもらうと、
空中で一発で押さえる形して置かなければならず、
人差し指薬指小指みたいな(それでも1秒かからないで抑えているのですが)
全て同時に一発で押さえるのがコツとのこと。


自分じゃこういうの気がつかなかったー\(^o^)/。
押さえるのが遅いんですね!

多分これ、3ヶ月は確実にかかるかと思います。
3ヶ月で出来るように頑張ろうかと思います。

ひたすら「一発で」「人差し指中指薬指小指を同時に」コードを押さえる練習をこれから取り入れていこうかと思います。

ここさえ出来ればなんとかなりそうな気がしてきました。
音量を揃えるとかはかなりの年月(10年ぐらい?)が必要とのことなので、
まずは左手だけでも頑張ろうと思います。

ギターについて少しずつ認識が変わってきたこと

今日はギターです。

サウンドは用意してません(汗)。
文字だけです(´・ω・`)。


今までギターがわかってるようで全くわかってなかったのですが、
少し認識できるようになってきました。

所謂バッキングとかに使われるディストーションサウンドなのですが、
どうにもうまくいかないと思っていました。

感覚的なものいいですが、
基本的にあんまりディストーションサウンドに種類はないように思います。
しかし、細かい所、多分僕が今まで全く意識してこなかったところなのですが、
ギター本体のボリュームとかアンプの種類を変えてみるとか
そういった箇所に少しずつ意識が向くようになってきました。

つまり、今まで歪んでる音としか認識してなかったんです。(ノω・)

まだまだ、詰められてないのですが、
ハイゲイン系のアンプ、クランチ系のアンプ、ローゲイン系のアンプとかのアンプの選択
6弦5弦を弾く弾かない
ピックアップ選択

とかがすごく重要で、今までなんとなーく歪んだサウンドだからこれでいいやとかやっていたのが、
なんか違うと違和感を感じるようになってきました。

違いの感じ方がとれるようになってきたので、
これからこの辺りに関してももうちょっとレベルアップできるような気がしてきました。

少なくても曲に合わせて、もっとアンプとか弦選択とかをやらないとダメなんだというのが実感できてきました。

良くDTMをやると、
アンプシミュレーターで悩むと言われますが、
ようやく悩めるようになってきたのかな(汗)。

こういうフレーズのこういう曲のこういう音っていうのを
自分の中で増やせていけるように頑張ります。


ミキシングしました【forest of sorrow】




青色天然水さんのforest of sorrowをミキシングしました。
ギターサウンドのかっこいい曲なので是非聞いてみてくださいね!

個人的には元ある原曲の雰囲気をそのままに活かして、
僕の色も出た感じになったかと思います。
(ミキシングで個性発揮するなよ)

他の方の曲を触るのは「自分の出来る限り良くしなくちゃいけない」と緊張もするのですが、
僕は楽しいです。

ここをこうしたいんだろうなあとか、
ここの所かっこいいなあとか、
ここをこうしたら怒られるだろうなあとか。

ちょっと色々触らせていただいたのですが、
OKが出たので良かったです(*゚∀゚)。

このまま色んな方から依頼受けられるようになると良いなあ。

コードを覚える5

今日はちょっと休憩ですね!
勿論、今まで覚えたコードの復習とかはやってますよ(o・ω・o)。



それと転回形も覚えることにしました。
理由を書いていきます。
↓↓↓

転回形ももうクソ暗記というか、
何も考えないレベルで手が動くっていうところまで必要なのかどうなのかとか
考えてました。

結果から言うと、必要なのかなと思いました。

その理由なんですが、
昨日エロスさんからアドバイスを貰いまして、
とりあえず弾いてみました。






こんな感じであってるのかな……。
意図してない違う方向に向かっていたらごめんよ……。


第二転回形を昨日やったりとかしてたんですけど、
とりあえず転回形を覚えることによって、転回形が意識に根付くんです。

これまでの楽曲も転回形は使ってきたのですが、
どうにも意識がまだ薄いんですよね。転回形に対して。

こうやって、「とりあえず転回形直ぐ押さえられるよ!(*゚∀゚)」
っていうところまでやっておくことによって
より意識に根付く気がしてきました。

ボイシングとかもより短い時間で選べるようになったりとか、
他のボイシングと比べたりするようになったりとか、
そういった余力が生まれてくる気がするんです。
練習はつまらないけど

もうちょっと踏み入って言うと、
曲を制作するのは時間をかけてやればなんとか出来るのですが、
この何とか作るっていうのが、凄くクオリティを落とすというのを
僕は実感として持っていて、
なので、もう一度しっかりやり直そうって思いました。

だから、転回形をもうちょっと身に染み入らせることによって、
トップノートへの意識や、バスへの意識や、3rdの動きとかに
もうちょっと敏感になれる気がするのです。



というわけで、音源を作ってみました。


普通のⅥm→Ⅴ→Ⅳ→Ⅴです。(Am→G→F→G)
普通ですね!



次はこれ。


Ⅵm7→Ⅲm→ⅣM7→Ⅴです。(Am7→Em/G→FM7→G)
※EmはG6(G13)でも一応通るかなあと思います。Ⅲmはトニックとされてますが、響きがドミナントなので、Gの代理って考えても大丈夫?(この辺ちょっと僕は詳しくないので当てにせず)

勿論、普通の6545もトップノートが全音で下がってくるのでかっこいいのですが、
ボイシングを意識した6545のほうが僕は好きです。
トップノートのミを維持しながら、ソ(7th)→シ(3rd)→ド(5th)と上に上がっていくのが
かっこいいですね。




ここで言いたいのは、テンション入れるとかっこいいとかではなくて、
Ⅵm7のところを転回形とかⅢmのところを転回形とかをあまり考えないで
弾くことが出来ました。

今まではこれを考えるのに5秒ぐらいかかっていたのですが、
転回形の練習した後、やはり意識が向くのか自然に選択しました。

こういった微妙な時間の短縮や無意識に手が動くというのがかなりアドバンテージになり得ると思ったので、
意識を向けやすくする、再度転回形を(ボイシングを)意識に強く根付かせるために、
覚えたほうが良いかもと思ったわけです。


よっしゃーーーーー!
イクゾー!!

コードを覚える4

今日は転回形です。
5番目の音を下へ持ってきました。

◯7の第二転回形であってるのかな?
あと左手でルート弾いてます。



正直結構厳しいですね。
えっと、なんていうかちゃんと覚えてません。
指の形でなんとなくやってる感じです。
うーんw。

この転回形に関しては本当に一から覚え直さないとダメかもしれません。
根本的に押さえ方が違うと、考えないと押さえられないので(;^ω^)。

この辺りどこまでやるかかなあ……。
どこまでやったほうが良いと思います?
(奏者になる気はないので、あくまで作曲する上で、
コードなんかに脳のメモリーを取られたくないっていうことでやってます)

上の録音した奴は指の形でスライドさせてるだけなので正直覚えてないっすね……。
今弾くとなると、一旦展開しない基本の押さえ方が頭のなかで瞬時に浮かぶので、
その瞬間的に浮かんだ鍵盤を、親指で5thを、人差し指で7th、薬指で3rdを押さえ直す印象です。

うーんw覚えるの?これ……、
一からやぞ……ぐぬぬぬぬ(;^ω^)。

一応、今現在の僕の思考パターンでも、1秒ぐらいで抑えられるんだよなあ。
ただが1秒されど1秒……。


やるかあああああああ。/(^o^)\
多分一流の作曲家さんで覚えてない人いなさそうだもんなw。



くっそがあああああああああああああああああああああああああ\(^o^)/。

コードを覚える3

今日はm7です。
マイナーセブンスコードは比較的簡単に覚えられたかと思います。
なんというか、曲中でもかなりの頻度で使うコードなので、今まで作った曲でもかなり触っているので楽でした。
(o・ω・o)



途中変な音混ざってますけど、これぐらいで抑えられれば良いかな~と思います(`・ω・´)シャキーン。


おお!
なんということでしょう。
ドミナントセブンスコード(◯7)・メジャーセブンスコード(◯M7)・マイナーセブンスコード(◯m7)と
結構いい感じで覚えました。

これが出来るとなると、
とりあえずメジャースケールで構築されるコードは殆ど押さえられています!
(※フラットフィフスがあるので、全部じゃないんだよな・・・。)

ホントはハーモニックマイナーやメロディックマイナーから構成されるコードが有るのですが、
とりあえず逃げよう。(;^ω^)まだ使わんし、コッチはなんというかその都度覚えるぐらいでもなんとかなる気がする。
それよりか、コードを体得する方のが優先度が高い。(今風のポップスの場合)



よっしゃ!
とりあえずこの3タイプのコードを自由自在にすればええんや!!!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


ここから覚えるから体得する方へ比重をもっとシフトしていきます。
イクゾー!!

コードを覚える2

どうも!まだ続いています。



今回はメジャーセブンスコードです。
このコードはしっとりって感じがします。
最近生焼け系の料理はやってるじゃないですか?あんな感じです。
あ、因みに僕はドロッドロの固まってないプリンよりしっかり焼き上げたプリンのほうが好きです(*゚∀゚)。
とはいえ、柔らかいプリンもバッチリ食べます。



あと、みなさん前回アップしたドミナントセブンスコードより弾くのが遅くなってるのがわかるでしょうか(汗)。
本来のスピードで轢かなきゃいけないのはこちら。


途中間違えて・・る?
/(^o^)\


テンポ120で4分音符では抑えられないけど、2分音符なら抑えられる。

ということは、ここが考えて抑えられる、つまり覚えていると考えないで無意識に抑えられるの境界かもしれません。

別にキーボディストを目指しているわけじゃないので、
このテンポ120の4分音符で抑えられるのをとりあえず目指そうかと思います。

今現在の意識の向け方なのですが、
ルートとCM7というのを頭に思い浮かべたら勝手に上3つ(ドを意識したらミソシ)を抑えるように意識を向けています。
すべて無意識だと当たり前ですが手が動かないので、恐らく弾ける人や作曲家が意識しているであろう、コードネームを思い浮かべるようにしています。


更に言うと、多分、
それなりに弾ける人や上のレベルの作曲家の人達は多分コードを意識的に選んでそれが無意識でコードを手で抑えてつつも、
コードスケールを考えてる気がする?ので、だいたいこんな感じでやればうまくいきそう?

選ぶのは意識的に、体は無意識といった感じでしょうか?

こんな形で手で抑えるとか考えないように意識的に無意識を練習する・・・?
よく分かんなくなってきた\(^o^)/。






コードを覚える

やっはろー。
橙色のダイです。

今年は基礎に戻ってチカラをつけるように頑張ろうと思っているのです。

というわけで、コードを覚えています。

「え?コードぐらい覚えてるんじゃないの?」
と思ってる方いらっしゃるかと思うのですが、
僕は覚えてますが、体得していないんです。

頭のほうが先に動くんですよね。まだ。

受験勉強とかを結構まじめにやった方はわかると思うのですが、(要領のいい天才君秀才君を除くw)
基礎的な箇所は考えてはいけないと僕は思っています。

わかり易い例を上げるなら、
みなさん、10個のチョコレートを3人で配るにはどうすればよいでしょうか?

10÷3=3個/人余り1個
ですよね!

この時割り算でつまづいた人って居ないと思うのです。
考えるべきはこの余った一個をどうするかで、
年少の子に上げるとか、持ち帰るとか、じゃんけんするとか、みんなに気づかれる前に食べちゃうとか、
そっちに頭を向けるべきで、

「う~んw、分け方がわからないから調べよう」っていうのはならないんですよね。


うわ、わかりづらいw。



もうちょっとわかりやすい例だと、
野球選手ってバッドの振り方を頭で考えてないで、
振ってますよね?
それよりか、どういう球が来るからこの振り方とか、バッドを短く持とうとか、監督のサイン~、あれ味方盗塁する?とか
もっと高い次元で悩んでるんだと思います。



だから、例えばキーがAの曲で、シャープがドとファとソについてるから~えっとーAM7はラ・ド#・ミ・ソ#だー!ってやらないんです。
やると作曲のクオリティが落ちると僕は考えています。
なので、良い曲を作るためにもきちんと覚えようと思ったのです。
つまり頭で考えるんじゃなくて、体が覚えてるっていう状態にちゃんとしようと思いました。


ただ、覚えてはいるので、逆に言うと高いレベルで使えないといった感じです。
これをどうゆーふうに練習してこーかなと少し考えています。



とりあえずドミナント7thコードを「覚えて」います。
これを「体得」まで持って行きたいので、このあとそれをちょっと考えていきます。

ギターもう死にそう

こんばんは。
橙色のダイです。

殆ど練習してないのに、もう飽きています(;^ω^)。
ギター。

でも、せっかく買ったしやるんだもん(`;ω;´)。

今はパワーコードとリフの練習をしています。
あとストレッチ。

ギターが全面に出てこない曲でも、
簡単なフレーズで入れられれば曲自体のクオリティも上がると思って、ちょこちょこやっています。

ギターレポート今後書いていこうかなと思います。

課題はとにかくミュートあときちんと弦を抑えること!


ううう、モチベが辛い……(`;ω;´)。

ONENightCarnivalプロジェクト内部

こんばんわ。
橙色のダイです。

昨年、川崎で良い思いをした友達が大変嬉しそうに話すので、
ものすごく悶々とした気持ちになり、曲で気持ちを消火しました。
多分、昇華出来たかと思います。

僕も前に働いていた仕事の都合上、キャバクラには行ったことはあるのですが、
ガタイの良い中国人のママに人生について説教された記憶だけ残っています。
ぐぎぎ。

今回投稿したONENightCarnivalですが、
せっかくなので、ざっくりどういうのを使ったのかをプロジェクトファイルで見てみようかと思います。
先に楽曲はこちら↓



えっと、半年前に作ったのでもう中身忘れました……(;^ω^)。

ホントは内部をですね……見せたいのですが、プロジェクトファイルが開きません(`;ω;´)。
他の人は大丈夫なんですが、僕のSONARはメロダインバグを抱えてまして、しかしバグに負けたらそこで試合終了です。
そこをなんとかSONARさんとがんばってファイルを開きました!(*゚∀゚)

ONE-project1.jpg


ちっちゃくて見にくいのですが(写真をクリックすると拡大されます。)、したの方で70トラックぐらいです。
なので、MIDIトラックを抜いて実質的には大体50トラックぐらいには収まってるかと思います。
すみません。この時はめんどくさくてWAV書き出ししてない時でして、今はWAVに変換するようにしています。

最近個人的に思うのはトラックの数は多くないほうが良いです。
多すぎると把握できなくなってくるので、出来るだけ100以下になるように頑張ります。
(僕の場合は50超えると結構辛いです。これなんだっけ?……と言った具合です(;^ω^))

トラックを全部画像で表示しても需要なさそうなので、とりあえず、シンセの音は殆ど「まっしぶ」を使っています。
途中結構全体の音色が変わってるのはフィルターを使っています。
勿論EQでやっても良いかと思いますが、
僕はSONARを愛している(( ゚д゚)エッ!)ので、SONARに付属してあるBifilter2というプラグインを使っています。

ONE-project2.jpg

これが結構便利でして、使うと「ぴびゅうううううう」とか「どぅわああああああ」とか、いい感じになってくれます。
こういうフィルは、別にエレクトロ系じゃなくても、使うと結構かっこいいので、
やってみると楽しいかもしれません。

そして半年の時を経て、アップロードする直前に聞き直したのですが、
半年も経つと一応レベルアップもするわけでして、ちょっと補正をやっていきました。


いやー、半年も経つと人間考え方が大きく変わるようでしてw、
ん?ここアカンやろ……とかここだけはなんとかしないととか……(汗)

具体的にはハイの音で耳障りになってしまってるところをピークでカットしました。
この曲は11,000hzぐらいだったかと思います。
そこをカットしました。
最近つくづく思うのは、ハイの処理は結構難しい箇所なのかなあと思いました。
耳障りな音が全く0だと迫力がなくなっていく感じもしますし、
かと言って多すぎると辛いですし。

この辺り曲ごとに違ってきたり音源ごとに違ってきたりするので、
探してみて調節していくのが一番かと思います。

まだまだ先は長いような気もしますが……(;^ω^)。
今年は結構曲を出していきますので、
良かったらちら見してみてくださいね(o・ω・o)。


ではでは~(o・ω・o)ノシ。