初心者から始めるボカロP

ボーカロイドの楽曲を作成しています。

コラボ等お待ちしています。

TwitterにDMを下さい。

また、夏コミC86のCD完売でした。

本当にありがとう(`;ω;´)

TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年08月
ARCHIVE ≫ 2016年08月

間違ってるかもしれないけど今思ってる作曲方法を思い切って書いちゃう。

真似してミスっても知らんからな( ゚д゚ )クワッ!!。


所謂ポップスをディグリー(コード)で捉えて、それに合う、コードスケールを付けるというのは、
大体の音楽作曲の教科書に書いてありますよね。
多分、ピンと来ない方は借用をしないからです。
借用とかをし始めると、アイオニアンとかって並び替えてるだけじゃんって思わなくなると思います。


話がそれました。


今の自分の作曲方法と踏まえて書いていきます。

まずメロディ。
僕は最初にメロディ先に作ることが多いです。
注意すべきなのはメロディがちゃんと踊ってるかどうか。
この辺り僕のフィーリング的な書き方になるのですが、
メロディが踊ってなければボツです。

ダンスの曲ではなくても、バラードでもメロディは踊ります。
メロディ単品で鳴らした時に聞けるかどうか。
リズムを感じるかです。

メロディをかく時はとにかくリズムを意識すると良いと思います。

どうしても思い浮かばない時は夜中踊りながらメロを考えましょう。
因みに「無い物強請り」のサビは踊りながら考えました。
一年前、栃木県の県道で、真夜中にキモい動きをしていたのは僕です。
すれ違う人には白い目で見られるので、強い心を持って下さい。
音楽はハートです。


次にコードをはめ込みます。
ここが結構難しいです。
一番意識するのは場面情景です。
場面情景を一緒にするならコードを動かしませんし、
変化させたいならコードを変えます。

重要なのはどのくらい時間同じコードを鳴らすか、
若しくはどのくらいの変遷で代理となるコードを使うかです。
この際ベースのモーションも注意して下さい。
ベースとコードは一心同体だと思います。

まずは時間を強く意識すること。

そしてそれを意識してから、何のコードで場面を描くかです。


ここまで出来たら
コードとメロディだけで一旦鳴らしてみましょう。
ここで、かっこいい曲だとかっこ良いです。
アレンジでどうこうするとかっこよくなるかもって考えてるようだと
多分ダサい曲が出来上がります。(経験談(;^ω^))



コツなんですが、
メロは聞かせに入る。
コードで世界観を主張するイメージでしょうか。

このあたりは大分間違ってるかもしれませんが、
僕もやりがちなのですが、メロで世界観を伝えたくなるんですよ。
歌詞もあるので。
勿論そこも重要なのですが、
コードやヴォーカルの声色で伝えたほうがわりかしうまくいく気がします。
ヴォーカロイドはこの辺りが難しいのかもしれませんが。

メロは曲の世界観に入ってもらうためのきっかけと考えるとうまくいくんじゃないかなあとも思ってます。
あ、いっぱい音のなるポップスの話ですよ。
結局3分~5分の間に、楽曲の世界の中に来てもらわないとブラウザバックなんですよね。

まとまりがなくなるんですが、もう少し記載すると、
キャッチーな旋律は超必殺技なので、ここぞというところで。
なので勿論キャッチーなメロディも大切だけど、煽りで使い過ぎるとあんまり良くないかも。



僕の場合、根本的にテクニックが足りてないので、
ほんとにテクニックを早く身につけるように頑張ろうかと思います。

楽曲をどう表現するかっていうのは色いろあると思うのですが、
個人的にはやはり世界観に如何に入ってもらうかに尽きるのかと。

テクニックが体に染みこんで、世界観だけ考えて、作れるようになると
少し作曲も楽しくなるのかなあなんて思います。

正直言うと、やっぱり僕は音楽理論そのものはあまり楽しくないですね。
なので、製作途中はあまり楽しくないですw。

やっぱり出来上がった世界観が楽しいですね。




と言った具合。
アレンジ力もさっさとパワーアップしたいのですが、
まずは基礎的なテクニックをなんとかしたいといった感じです。

ぐぬぬ。


半年後は違うこと言ってるかもしれませんが、
ブログですし、今の心境をまとめてみました。

おわり(´・ω・`)。
スポンサーサイト

他分野での共作はとっても楽しい!

他分野の共同制作はめっちゃ楽しい!!

同じ分野の共同制作っていうのはよくあると思うんです。
例えば、僕とかは楽器が弾けないので、他の方にお願いしたりする場合があります。
他にも、ボカロ調教お願いしたり、ミキシングお願いしたりとか色々ありますよね。

勿論、他の人の技術というかそういうのが垣間見えて、良いのですが、
他分野の共同制作は私的にもっと楽しいです。

よくあるのが、動画オナシャス!ってパターンでしょうか?
イラストオナシャス!もボカロPの方は多いのでは?

確かに、曲からそれを感じ取ってもらい、
出来上がってきたものを見るのも楽しいですが、
もし、一緒にやってくれる相手がいるなら構想を一緒に練れたら、
もうこれ以上楽しいことはないです。ヘブン状態です。

今回の動画なのですが、
ヴィジュアルの人と一緒に作ったものになります。

楽曲作る前にこういう感じどうかな~とか。
どういう楽曲が良い~?とか。
メロどんな感じが良い~?とか。

楽曲ですが、
実際一度まるまるワンコーラス書き上げたものまであったのですが、
イメージと違うということでまるまるボツにしています。
加えて、Aメロとかも一旦出来上がったものをボツにして、書き直したものです。

ボツにする時はダメか~なんて思ったりするんですけど(´・ω・`)、
お互いのイメージを話し合って、突き合わせて、もっとこういう感じとか、
スピード感ある感じとか。
(僕にもうちょっとテクニックがあったら、より早く、もっと良い曲を出せたんですが、なかなか……)

そうやっていろいろ修正して、「うん、いいんじゃない?」ってOK貰って。

逆に映像なんですが、
「こことここの繋がり関連性ある?」とか、
詰まった時に「こういうのどう?」とかアイディア出したり。

そんな感じで。



言い訳になるのですが、タイムリミットが先に来ちゃいました。
ぐぬぬ。

曲も動画も直そうと思うといつまでもやっちゃったりしますよね。
でも、やっぱりどこかで区切り決めてかないと。
時間がない中、頑張ってくれたヤスくんに感謝。

わからないからって投げちゃうことが多いと思うのだけれど、
色々動画見る機会とかもあって、
後は、素人ながら、イラストの考え方とかちょっと見ることもあって、
同人活動とかの関わりあいとかもあって、
勿論気づけてない部分ってあると思うのだけれど、
そこを踏まえて、他分野でも色々言ったり、逆に言われたりすると、
すごく楽しいです。
通常は、御法度なのかもしれませんが……。

なかなかない関係なのかもしれませんが、
チャンスが有るなら是非ブログ読んでいる方もやってみ
るのもいいかもしれませんね!


ながなが、上手く表現できないので、
こんな感じで、そのまま感想文になりましたw。

でわでわ~!
次回は上海についてちょっと書いてみたいです(*´ω`*)。

(`・ω・´)しゃっきーん!

色々やってたのですが、
まだ途中のものもアリますが、

少しだけ落ち着いたので、ちょっとまとめてブログ更新しますね(*゚∀゚)。




とりあえずペタリ。

実際書き上げたのはざっくり10ヶ月ぐらい前?
そこからだいぶ寝かせたましたねw。
格別そこまで手直しはしてないのですが。
(プロジェクトファイルが見つからなかったなんて言えない。)


なかなかやれない?感じの取り組み方をしたので、
その辺りブログでちょっと書いてみようかなあと思います。

個人的には他分野に乗り込むっていうのは結構メリットがある気がします。
勿論、素人がどうこう言ってもっていう声もあると思うのですが。

でもやっぱりチームとしてやるなら、あーだこーだ言ったほうが楽しいですね!
そしてクオリティも上がる気もします。

あ、あとコミケ頑張ってきますね!





遊びに来てね!(*´ω`*)