初心者から始めるボカロP

ボーカロイドの楽曲を作成しています。

コラボ等お待ちしています。

TwitterにDMを下さい。

また、夏コミC86のCD完売でした。

本当にありがとう(`;ω;´)

TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年12月
ARCHIVE ≫ 2016年12月
      

≪ 前月 |  2016年12月  | 翌月 ≫

音量について

ちょっと聞きたいのですが、
ミキシングの音量感(音圧じゃないよ)、即ちフェーダーのバランス取りってどう意識してやってますか?

バランスという面で適正音量という正解がある一方で、
音量を上げるとかっこいいので上げがち、
反対に下げ過ぎになってしまうのを防ぎたいのです。


キックの音を中心にするというのが基礎でもあるのですが、
キックの音の大きさをとるのって結構難しくないですか?
一瞬ドン!ってなって終わりなので。

(バイオリンとバイオリンを全く同じ音譜で鳴らして、
どっちが大きいかっていうのなら分かりやすいですよね)

この微細な判断なんですが、
何処聞いていいかわからないのです。

僕の場合はキックの音を-15dbにセットします。
そこからベースや他ドラムやボーカルと相対的に音量を決めますが、
この時に例えばボーカルを-15dbにするのか-14dbにするのか。
どうするかとても迷うんですよね。

言わんとしてることはレベルメーターに揃えるのではなくて、
聴覚上同じ音量ぐらいにしたいわけです。

違う楽器で、音量の値を揃えるに当たって、なにを聞くのか、
音量という音の大きさを周波数が違うのにどうやって適正に判断するのか。

意識の向け方で何か良い方法や良い意識の向け方をご存じの方いらっしゃいますか。(´・ω・`)
スポンサーサイト

エクストリーム開眼した( ゚д゚ )

たまにはいいよね!

調性感が一気に上がった気がします。
ボイシングをめちゃくちゃ意識するようになった。
と言うよりボイシングに悩まないです。自分がこうしたいからこうする!っていうのが楽にできるようになりました。

あと、ミキシング・マスタリングなんですが、
もうちょっと課題がのこってそうなのですが、
現状音を重ねても音が残ってくれるのと、あの質感って言うものの出し方がわかった気がします。

このあたり好みもあるのですが、
だいたい自分の好きなようにどうすればいいかっていうのもわかってきた感じがします。
もうちょっと経験をつみたい感じです。
今なら指摘されてすぐわかりそうではある。

音量バランスのとり方はやっぱり結構失敗する時があるので、
音量を聞くっていうのをどうやって訓練するのかが難しいです。

いつもあと少し後少し言ってるけど、ほんとにあと少しな気がしてきた!!!

アナログの音の劣化と良さとデジタルの綺麗さと冷たさについて

結構悩んできたんです。

結論から言うと、僕はデジタルのほうが好きです。
出来るだけ音がアナログじゃないほうがかっこいい。
タイミングはできるだけドンピシャで、音量も可能な限り一定がいい。

他方で、僕はビンテージシュミレートのプラグインやアナログに音を出したりしてます。
正直言うと好きじゃなかったんですよね。
なんか音がくっきりしなくなるし。
後逆に、感性的な言い方ですが、機械の音がします。
でも、これをやる理由って、何ていうかやらないと、プロっぽくないんですよw。
最終的に見て、何ていうかダメ。かっこわるい。




僕はプロじゃないし、大した楽曲も描けてないのかもしれないのですが、
今日ようやく一つわかったことがありまして。

勘ですよ。実際にレコーディンスタジオすら行ったことないんですからw。


DTMを中心とした楽曲の殆どが、
音をアナログに出してます。


これ、トラックだけで聞くと明らかにデジタルのほうがリッチでかっこよく感じます。
でもミキシング及びマスタリングしていくと、
やはり一度アナログのシュミレートのプラグインやアナログ機器に音を出したほうがそれっぽくなる。
何故なのかよくわからないのですが、音を重ねる度にデジタルよりアナログのほうが良くなってく気がします。
トラック単体だと本当にこれ意味あんの?って言うレベルなんですが。


こういうのは、以前から聞いていて、だから、楽器を弾かないのにISAとかも持っていて、
プリアンプ通したりしてたわけなんですが。(度々雑誌とかにも掲載されてたりしますよね!)

逆にDTMではなくて、レコーディングされてるのは
もとからその効果を得てるかもしれません。
コンプをかけどりしたり、そもそもプリアンプ使ったりもするでしょうし。


ここからさらに勘なんですが、
いわゆるEQでのブーストをあまりやってないのではないかと思います。
極力エキサイターとか。実機のなにか。
トラック間の調節はEQで良いのですが、EQに頼りすぎると、音に無理が出てくる感じがします。
いわゆる音に無理が生じないEQっていうのがこの勝手に何かの歪を足してるのではないかと。



ただ、ここまで言っておきながらも、
アナログシュミレートのプラグインや実機を使えばいいってわけじゃないというのも実感してます。
単純に音量フェーダーのバランス取り。
フェーダーが一番難しいです><。

音がくっきりするし、きれいだし、
みんなアナログアナログ言うけど、デジタルのがいいじゃん!って思ってたのですが、
少しだけ考え方が変わったので、書いてみました。

こういうのって、
知っていながらも、みんな言ってたりも、するんだけど、
どうしても実感したり納得するのは時間がかかる。


おわり。