初心者から始めるボカロP

ボーカロイドの楽曲を作成しています。

コラボ等お待ちしています。

TwitterにDMを下さい。

また、夏コミC86のCD完売でした。

本当にありがとう(`;ω;´)

TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年02月
ARCHIVE ≫ 2018年02月
      

≪ 前月 |  2018年02月  | 翌月 ≫

音楽のちょこっと日記おわります。

読んでくれた方、ありがとうございます~。
これにて、音楽のちょこっと日記は終わりになります。

自分の中で色々整理がついて、
決着がついた?!

しばらくしたら別のブログを立てるかと思います。

変わって、別のネタでは更新していく予定なので、
よかったら見に来てね!!(*゚∀゚)


スポンサーサイト

なにをかけばいいのだろう?

オーダーに合わせてかくのが当たり前なんですが、
まー僕にオーダーはまだ来ませんしね-()。

自分で作曲して発表するなら、どうやったら、
人の心が動く曲がかけるのかなあと。

すとーりーてーらーな音楽を作りたいので、
ちゃんと世界観を作ってストーリーがあって、
楽しんでもらって心が動くっていうのがやりたい。

どーすりゃええんや……。

話の文脈折るけど、実はそんなに音圧が高いのが好きではないです。
EDM聞いてうわって思うのは正常な判断だよ。
僕もDTM始める前、EDM聞いてキツって思ったもん。

ただ、そんなこと、そういう良い曲の前だとあんまり関係ないんだよな。


んーw。


一つ思ったのが、
トライアンドエラーの数を増やしていけば良いのかなとも思う。
単純に僕今まで書いた曲数20曲行ってないんですよねーw。
とりま100曲かくとか。
雑に自分の範疇だけでやると全く伸びなさそうなので、適宜何か取り入れながら。

他方で、ジャンルの勉強って広く浅くやるのってあんまり意味が無い気がしてきてはいる。
なんとなくそれっぽく書けるっていうのは、
微妙やね。曲もビミョーになっちゃうし、
ホントはもっと伝える世界観とか、世界観への没入感とか、
そういうへの還元率が下がるっていうか。

ジャンルややりたいことをある程度固定化して、
トライアンドエラーの回数を増やすっていうのが良い?


ここで話をちょっと止めて、
自分の強みっていうか苦手なことも含めてピックアップ。

音作り、シンセサイザーは苦手です。

シンセバリバリのキラキラポップとか結構好きなんですが、
あの手のものって正直うまい人が多すぎて、
若しくは買い物の音でも組み合わせが超絶うまい人が多くて、
あんまり手を付けにくい印象。

ぶっちゃけ練習すればなんかできそうな気はしてるのですが、
追いつけなさそうなのと、ぼくはキャッチーなのが好きなので、
自分独自の音にさほどっていう。
たまに、天才かよ!!っていうのに出会って憧れはあるですが。
語弊を恐れずに言えば聞いたことある可愛い音が良い。

まーでも、食わず嫌いせずにゆっくり触ってきます。
スパって切ってしまうとよくないことのほうが多いからぬ~。

なんで必要最低限度コントロールできれば、若しくは力のかけ具合を減らすかっていう。
人間100年で終わりですからぬ。(´・ω・`)

どちらかって言うと音譜を描くほうが好きで、
コードメロを置いてく方は結構好きなんですよね。
それを何処で使うかとか。
なら、やぱアコースティックな感じを頑張ろうかなとも思います。

こう思う理由って
自分の中で音譜のほうがコントロール効くからなんだよね。
音色の方はなかなかコントロール出来ないので。

そしたらやるべきは音色?w

話が戻っちゃったよ-(`;ω;´)。

もう少し考えようかと思います……。

メジャーの曲と所謂アマの僕の曲との違いを考えてみる

ちょっと毒を吐くとメジャーでも
んーwなにこれって思うのはそこそこあります。

スネアがなんかぽんぽこぽんぽこいってたり、
ストリングスめっちゃ浮足だってたり・・・。

でも、いいなあって思う曲が大多数です。

反対にアマでもスゲーーーー!!って思う曲沢山あって、
ポップス関連はボカロ聞いてるの面白いし、
僕の好きなボカロPさんの曲は、
何回もループしちゃってますw。
多分僕が500再生ぐらいはしたはず・・・w。


僕も作曲アレンジミキシングマスタリング頑張ってるんですが、
やはりなかなか一流には追いつかないのが現状です(´・ω・`)。

むずかし。

多分いちばん苦手なのがアレンジです。

今自分が少し認識している点を書き出していこうかと思います。
認識はできてるんだけど、改善策がやっぱり思い浮かばないんですよね・・・。

作曲
音譜感度っていうのがしっくり来るかも。
イメージを音に起こす際にどれだけイメージを音で再現できるか。
音譜の効果ってあるので、それを絶妙に表現するっていうレベル。
むっずー。><。

なに考えてみんな作ってんのかな~。
ミクロレベルで言うと音程なんですが、
マクロで言うと音程の横のつながりやコード間。

ミクロでひたすら見るのは間違いじゃないのですが、
マクロの目をもっと強く持てるのいいのかなって思います。

どれだけ俯瞰するかっていうのが最近鍵なのかなと。

他方で、ミクロでの効果を把握して適切に使えるっていうのも磨いていかなくては
ならんのですが。


アレンジ
んー時間と努力かな~って言う印象です。
ついったーでもちょっとつぶやいたのですが、
ジャンル絞ろうっていうのはここで。

1年に一個ずつ増やしていければいいのかなと。
広く浅くが非効率かなと思いました。

言語化しにくいところでもあるので学びにくい。
耳での判断が、一番必要になる箇所なのかもしれません。

ただ、作曲したものを何倍にも活かす最終ポイントでもあると思います。

ミキシング
聞きやすさ。加点ポイントにもなるんだけど、
どちらかというと、出来ないとどんどん減点される箇所。
曲が良いのに、ダサって思われる箇所。

なんつーか、上手い人のミキシングって音量が超絶一定なのに、
動いてる感じがします。
あれどーやってんですかね・・・。
謎。実はミキシングじゃないのかな(´・ω・`)。

似た感じを出すのに光学式コンプ臭はかなり感じるんですが、
あそこまで張り付く感じはしてないんですよね。
音が太いけど、主張してこない感じ。
ほんとどーやってんだろう。

録音がうまいとあーなるんですか?

んーわかんない・・・。

ミキシングはもう一回エンジニアさんに習いたい所存。

超一流だと、
遊びが入ってくるのが聞いてて楽しい。


マスタリング
ミキシング完成してればほぼやることないイメージ。
本来の意味での楽曲間の音量・印象を揃えるだけになるのかな。



やっぱスマホだと低音再生はしない。

自分のスマホで聞いてみたんですが、
再生してないですね-。

自分のDTM環境下が、
オーディオインターフェースが
FireFaceで
スピーカーがMSP5studio
ヘッドフォンがSHURE1840なんですが、
こちらはまじでミキシングをダメ出ししてきますwwww(;^ω^)。

くっそおおおおお。

今まで気が付かなかったけど、
すごくいい環境下でやれてると思った。

ここまでダメ出ししてくる機材もなかなかないのかもしれない(汗)。

あーんw

一曲出来たけど、うーんwなんかダメだった(;^ω^)。

難しいぽ~。

みきしんぐとますたりんぐのはなしをすこししようかとおもいます。

今日やってたので。

【超低音】
超低音自分の中だと40hz以下。
実はこれがかなり容量を食います。
音圧上がってても聴覚上の音が大きくならず音割れするなら疑う場所はここ。

他方、圧は感じるんですよー。
削るとどんどん圧がなくなってくんですねー。
ただ、この辺スマホデバイスとかだと再現出来ないんじゃないかっていう・・・。イヤホンよくても??
良いイヤホン持ってないからわかんないんだけど。(´・ω・`)。

きちんと再現できないなら削ったほうがマシなんじゃないかなとも思う。


【マスタリングのEQ】
うーんw私的にはマスタリングでのEQは極力避けるべきなんじゃないかと思っています。
やパどうやっても音像が壊れていくので。無理なんですよね。
もしかしたら実機のEQを欲しがる理由ってこれなのかもしれないです。

EQでブーストするって難しい。

因みに、個別トラックで、UADのAPI560を使っても6db以上あげようとすると結構厳しいです。
と言うか音程楽器は何使っても厳しいんだろうな。

EQあんまり使いたくない理由はこれで。
うーんw。

無理なEQって音が破綻する。

【こんぷ】
UADのディストレッサーが大活躍中。

ただ、やっぱ光学式の嫌なところなんだけど、
どうしても張り付いてくるんだよな。音はかなり自然なんだけど。
コンプ感はVCAのが出るけど、張り付かない感じ。
FETはこの間?の印象。

じゃあ使わなきゃいいじゃんって思うかもしれないし、
はじめはコンプなんて無くていいやなんて思ったけど、
音量感整わなくて聞きにくくなるんだよなあ(´・ω・`)。

じゃあフェーダーでオートメーション書きまくればいいって思ったんだけど、
これを書きすぎてもあんまよくなくて、すごく駄目な感じなるっていう。

現状併用。
両方ほどほどに。

ちな現在ボーカルにボーカルライダー使うのは控えてる感じ。
よほど厳しいダイナミクスじゃない限り、
コンプのがきれいに整って聞きやすい。


【空間的な位置取り】
最近気になるのがこれで、チグハグな感じがしてしまってなんかつらい。
難しいね。

【みきしんぐ】
意外と軽視していいと思いがちなのだけど、
ミキシングが下手だと楽曲が下手に聞こえるっていう。
たぶんアレンジとミキシングが密接にくっついてるからなんだと思う。

アレンジが上手いとミキシングもいいっていうのは、
アレンジの時点でミキシングの音がかなり近い段階へ揃ってることだと思う。

【4k~10k】
結構あいだあくんだけど、
このあたりの周波数って楽曲の明るさとか天井とかが決まる周波数帯。
音が多すぎても少なすぎてもダメな結構難しい配置。
因みにEQで無理やりブーストすると結構破綻する印象。

【どんしゃり】
どんしゃりやると、音抜けが一瞬良くなったように聞こえるけど、
やりすぎるとカスカスになる。
今でもやってる人はいるし、反対にやらない人もいるし。
どんしゃりの反対の言葉はもっさり?。

【今日ミキシングしてて思ったこと】
ドンシャリにして、音圧上げると、
一瞬いいな!って思うけど、やっぱループして聞くと辛いよね。

もっさりにして、音圧抑えめにすると、
ふぁーすといんぷれっしょん悪くて、ループしないわw。

この程々のバランス感がむずい。


ネタはあるけど……。

最近ブラス頑張ってます。

いやー難しいっすね!ブラス。
ストリングスの2倍難しい。

/(^q^)\むじゅい

ちょっと最近のはっけんを幾つか。
音楽制作。
雑多に。


【りばーぶ!】
残響が少しわかってきた感じ。
やはりインサートリバーブが結構肝。
(やり方自体はセンドでもいいけど)
ここで言うインサートリバーブって所謂音色そのものの部分のリバーブ。

録音主体の人のほうがしっくり来ると思う。
DAW主体だとやっぱりなかなか気が付かないというか。

やっぱり、確信したのが、
エンジニアさんが、ミキシングまで考えて、マイクたてて、
レコーディングしてるっていうのが、プロっぽく聞こえるかなり重要なファクターだなって思いました。

彼らのフェーダーは確かにすごいんですが、
やはりそれ以前の録り音がすごいと思います。

もうちょっと先に進むとそれを理解して演奏するプレイヤーもすごい。

アコースティックに関してはここですね。
正直DAWの越えられない壁なのかもしれません。

プラグインでなんとか解決するなら
オーシャンウェイのりマイクでしょうか……。


【ふぇーだー】
ローカット以外で
EQでプラマイ3db以上するなら原則フェーダーが狂ってます。

もうちょっというとアレンジと音譜と含めて、
特にプラグインシンセならそういうシーンは極めて稀だと思います。
無理なEQやズバット周波数カットしてる音源聞くとやはり印象が良くないです。

めちゃくちゃ上手くやる方もいらっしゃるかと思うので、
一概には言えないんですが……。楽器にもよるし。

アレンジや作曲が狂っててやる瞬間はあるかもしれませんが……。
んー。

何れにせよやはりフェーダー命!!!


【ていおん!】
低音の扱いですが、
あいつら容量食うんですよね。

CDやネットで低音云々はわからないかと……。
ライブ行かないとやっぱり低音がいいねっていうのはわからんとです。

ウーハーついてれば少し違うかと思います。

CDに収録する時の超低音はカット対象になりやすいので、
僕は削りますし、他の方も削るのではないかと。

単純に普通の再生環境で聞こえにくいので、
だったら他にフォーカス当てるべき???


【木を見て森を見ず】
一瞬だけプロの景色を見た気がしました、
最近。
10秒ぐらいwww。

俯瞰力っていうのかな。
そんなかんじ。

コードスケール、コード、メロディのインターバルもそうなんだけど、
その小節の瞬間を見るのは勿論大切なんだけど、
そこに執着してるようだとダメで、
もっと全体の効果、一曲通しての効果や
広い視点での意味や第三者的な意味合いとか
そういうの。

全体を見る余裕があるから
個が決まる感じ。

局所的な部分を見るのは勿論重要なんだけど、
そこは最低ラインだと思うのよね。

なんかこういう意識なのかなっていうのがふわっと浮かんだので
そう思った。
\(^o^)/


【あぼいどのーと】
音楽理論を勉強すると
アボイドをとにかく避けるようになるんだけど、
最近はありかなwって思うようになりましたw。
アウトはアウトなんだけど、
アウトじゃない使い方をすれば避けてるので、ありかなと。
テンションからコードトーンへの帰結は無難でこれはありで。
アボイドからの浮いた箇所からへの帰結もまたかっこE。

シビアになるし、気持ち悪っていう人いるけど。

最近見たのがサスフォー解決しないのが落ち着かないっていうのを目にしたんだけど、
僕はサスフォー解決しないのはありなんですよね。
現代的でかっこいい感じ。これもまた効果。


【ストーリーのある作曲が好き】
すとーりー性を持たない状況が望まれる場合は別にして、
単純にストーリーを感じる曲が好きです。
音譜的な心地よさだけじゃなくて、そこからストーリーを彷彿させる感じ。
ものがたりがすきなんですよね。

ストーリーテラーコンポーザーって言われたい(`・ω・´)シャキーン。
聞いてて次が気になるのってワクワクするじゃん!!!


【今年こそ曲りりーすしまつw】
一生勉強なんだけど、
ちょっとずつりりーすしようかとおもいます。

よろしくおねがいします。

描いてるんですけど、アップしてないです……。
アップ頻度少ないと忘れられちゃうよね(;^ω^)。


【あーてぃすととくりえいたー】
定義は人それぞれあるかと思いますが、
自分の根源を出すのがアーティスト、
他を切り取るのがクリエイターだと思っています。

前から意識してたのと、やっぱり思うのが、
僕はクリエイターになりたいです。
それが面白いし、楽しい。

自分から湧き出る何かっていうのよりかは、
ほかから得たものをどう切り取って抽象化、具現化するのかっていう方が、
ワクワクする感じがします。


【転調っぽい感じのコードより、ダイアトニックコードのが結構むずい】
転調っぽいコードってそれっぽいカッコよさやイメージがあるんだけど、
所謂基本のコードって音譜的にはアボイドテンションをどううまく使うかとか、
ダイナミクス、リズム、音色での勝負が結構求められてむずいおwwwwww。
よく使うし、クオリティを求められる感じ。
誰でも使うコードであるから、そこからのクオリティがものをいうぽ。


【アニメ曲描きたい、ボカロ描きたい】
ので、がんばりまつ。