初心者から始めるボカロP

ボーカロイドの楽曲を作成しています。

コラボ等お待ちしています。

TwitterにDMを下さい。

また、夏コミC86のCD完売でした。

本当にありがとう(`;ω;´)

TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年06月
ARCHIVE ≫ 2018年06月
      

≪ 前月 |  2018年06月  | 翌月 ≫

作曲制作方式を歌詞先に転向しようかと思う

今作ってる曲が終わったら、
POPSの歌ものは歌詞を先に作るようにしてみようかなと思います。

理由は歌詞がとても大切だなって最近強く思い始めたのと、
メロディはやっぱ歌詞との結び付きが強く、
コンセプトをもっとメロディにのせたいなって思ったからなのです。

一応、ベース先でもドラム先でもメロディ先でもコード先でも
何でもできるんですが、
歌詞先は初めてかも。

もしかしたら、ストーリー重視系なら、
こっちのほうが良いのかなって思って。

関連して、もっと良いメロディもかけるかもしれない??
スポンサーサイト

なにがじぶんのおりじなりてぃになるのか(ここ、てつがく)

自分の曲が自分の曲たらしめるのはなんなのかっていうのは
ふと考えてしまいます。

例えば、作ったその曲は本当に自分がいなかったら生まれなかった楽曲なんでしょうか?
とか。

カタカナに直すとオリジナリティなんですが、
その曲オリジナリティありますかって言う点。

自分の声はオリジナリティの音色だからオリジナリティある?
自分のよくやるエフェクター設定だからそれがオリジナリティ?
よく使う音譜があるからそれがオリジナリティ?
ほんとに?

客観的に見ると、数が少ないからオリジナリティなんだとおもいます。
数が少ない中で受け入れられればオリジナリティ。

でも、ぼくは商業音楽が好きです。日本の新し目のアニソンが好き。
数が多く沢山の人がやってるジャンルの中で、
オリジナリティは何で確立していけば良いのかと
ふと考えた今日このごろです。

たくさんのひとが似たようなことをやってる中で、
そのなかでオリジナリティによって、聞いてくれる側の心が動いて、
加えて、安心して聞けるみたいな。

この手のものは答えがないので、
一生懸命がんばれ~っていうのと自分が好きなのを書くしか無いっていうのが
相場なんですがね。
(なぞのうえからめせん)

少し書き留めておきたかったので、ブログにしてみました。

曲の明るさと迫力への自分の考察

なんか自分の曲自体が暗く感じると思ったことはないでしょうか?
でもハイを出して明るくすると崩れるというか、ワシャワシャしてしまってかっこ悪い。

じゃあ、ワシャワシャしないでハイが出てる楽曲ってどうやってるんだろう。
そんなふうに考えてたのです。

結論から言うと、
明るい楽曲でも、ワシャワシャしてない楽曲はハイが出てません。
常識的な範囲で出てるだけです。

帯域整理・空間整理、とりわけ中域の整理が良くできていると迫力が出てるようにきこえます。
それを僕がハイが出てるんじゃないかって自分で思い違いしてたように感じます。
(ハイを上げると曲が明るくなるので)
もう一つ言うと、アレンジで明るい印象を持つ音色を入れることです。

確かにハイを上げると曲は明るく広がってるように聞こえるんですけど、
別に見ると無理に引き伸ばされてつってる印象もうけるわけで、
これがやはりダサいわけで。

さらにもう一点。
アレンジの兼ね合いが大きいです。
周波数的に音がぶつかりにくいアレンジにしてあげる、
フレージングしてあげるっていう部分が大きい。
なんとな~くコード弾いてなんとな~くメロディとウラメロ入れてとかやると、
アウトですw。

このあたり。

おまけでいうとあとは、トランス系のアナログの音質変化かなって思います。
これはプラグインのアナシミュでも出来ないので。
(やっぱ、WAVESもUADもこのあたりは厳しい感じがします。
大変素晴らしいプラグインではあると思いますが。)



PS
趣味になるけど、
お金に余力が出たら、
トランス入ってるサミングアンプ欲しいな……。
全部取り込み直しして、使いたい……。

あたりまえのことをあたりまえにやる

普通に考えるって僕の中では大切なことだと思っています。

みきしんぐっていうと、
なんか特別なこと知らなきゃいけないと思うのってあるけど、
実際にやるとなると至って普通というか、普通に考えるとこうなるよねって
言うのが多いです。

帯域が被ってる→楽曲にアコギ足したら、ベースが聞こえなくなった。
って言い換えたら、なんだ、ベースが聞こえるように、アコギ周波数削ればいいのかとか、
アコギの音量下げようとか、そんなことで。



んで、最近思うのは
あたりまえのことをあたりまえにやるっていうのは
いがいとみんなできないし、できるひとは良い思いができるということです。

例えば、作曲で身を立てたいとおもったら、
年100曲とは言わなくても50曲ぐらいはかくのは当たり前なんじゃないかとか、
ジャンルを増やしたいと思うなら、一ヶ月に5曲ジャズの曲をかいてみるとか。

すごくあたりまえなんだけど。


なのであたりまえのことをあたりまえにやるようにがんばろうとおもいます。


音楽の学習法とかは現在さほど悩まなくなって、
やっただけリターンがくる状態になったので、
たぶんこれからがたのしいはず!


アウトプット中心にいんぷっとがんばってこー!!


こんとろーる!

楽曲が上手に作れるかどうかって
色んな要素があると思うのですが、
最近自分が思うのはコントロール力なのかなって思います。

知ってるとか聞いて分かるとかだと
まだだめなんですよね。
再現性。

①世界観や聞いている人へのプレゼンテーションのコントロール力
②調性のコントロール力
③音色のコントロール力

自由自在に操るには一生かかって足りるのか……(汗)。