初心者から始めるボカロP

ボーカロイドの楽曲を作成しています。

コラボ等お待ちしています。

TwitterにDMを下さい。

また、夏コミC86のCD完売でした。

本当にありがとう(`;ω;´)

TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年03月
ARCHIVE ≫ 2019年03月
      

≪ 前月 |  2019年03月  | 翌月 ≫

いちばん重要なこと

曲作りでも日々の生活でも、なのですが、
もっと、スムーズに快適に最大の効率を出しながら
っていうのはどうすればいいんだろうっていうのを
ちょこちょこ考えてまして、
自分の中での結論が出ました!


それは……!

寝ること

です!


完全に科学的根拠なんて調べてないのですが、
これだと思いました!

飯や運動や気分転換や遊びやストレス解消方法とか、
何をやると安定して良いパフォーマンスが出るのかとか、
体感でやってきたのですが、
やはり寝ること。

1日7時間以上、必要ならば10時間。
(DTMで曲かいてると脳がものすごく疲れてどうにもならなくて
10時間ぐらい寝ちゃうのは結構あります。。。)

寝ることによって集中力が戻ってきたり、
メンタルが安定するので、
高パフォーマンスでやるべきことができます。

自分も締めが近くてどーにもならなずにグダグダ徹夜してしまうことがありますが、
実質作業してる時間が少ない気がします。
休憩多くとっちゃったり、きちんと頭が動いてなくて、画面の前でボーッとしたり。

ベストは運動して、三食食べて、寝て、遊んでなのかもしれないのですが、
そういうのは難しいですよね。

なので、優先順位を一度睡眠にしてみてください!
大体の人がなんか時間を浪費してる気がして、できない気がします。
寝る前にTwitterみたりとか()。

でも、御飯食べる時間を削ってでも、
遊ぶ時間削ってでも、
運動する時間を削っても、
寝ると大体脳が回復します!
なので、時間がどーにも足りなくて、忙しいときは、
睡眠だけ優先して時間を作ると良いです!

余裕ができてから飯をw。

そんな体験談なのでしたー!!
徹夜しないためにスケジュール管理をするといっても過言ではないかも???





作曲の手順 自分が今やってる方式

いつも常に安定するように作るため
作曲手順を考えています。
整合性とれなくて戻るのが嫌でして……。

思ったものが作れないっていうのがメンタル的に嫌なんですよね。
若しくは手が止まるのが。
できるだけスムーズに迷わず出来るように、
作曲手順はトライアンドエラーを繰り返してます。



自分の作る手順を書いてみます。

1.楽曲のイメージをしっかりとる
楽曲のテーマ。若しくは、どんな人が聞くようなのかとか。
ジャンルとか大きな方向性。

ぶれたときに照らし合わせるようです。
曲はできたけど、用途に合わないとか、自分が作りたいものが、
作れるように。


2.構成を作る。大まかなリズムも。
先に構成を作ります。早めに全体像を捉えるほうが、
後々楽だとは思いました。
木を見ないように。森を見て作れるように。


3.響きの良いメロディやフレーズを断片で作る。
歌詞とメロディの整合性がかなり大切なので、
若しくはテーマからそれないように、一番美味しいメロラインを考えます。
間奏とか、裏メロ、コールアンドレスポンスとかのフレーズもとにかくアイディアが出たら
書き留めておきます。



4.歌詞をテーマや3のフレーズに合わせて書きます。
ポエムで良いです。歌になってなくてもいいので、
とにかく詩をかく。
詩を歌にするのはこのあとやるので、
リズムを無視して素敵な言葉を出来るだけ考え出します。


5.楽曲のリズム、ドラムとベースでざっくり全体像を作ります。
2で構成をつくってあって、全体が見えるので、ここで2が生きてきます。
ドラムベースを打つときは、楽曲のパルスを感じ取りましょう。
自分はグルーブって言われるとピンとこなかったのですが、
パルスって言われて少し自分の中で納得できた気がします。
フィール。


6.楽曲のテーマからざっくりコードの色を考える。
ほんとにざっくりで良いです。ここはうっすら。
Iスタートにするとか、Ⅳ、もしくはⅥmスタートにするとか。
メロディでそうならない場合もあるのですが、スタート地点を決めるぐらいに。


7.メロディとコードをかく。
トップノートに気をつけて。
歌詞を見ながら書きます。
メロ書いたあとに歌詞をつけるのも可能なのですが、
自分は最近は歌詞先行型にしました。
そのぐらい歌詞って重要だと思います。
歌詞からメロディが浮き上がると語感がズレにくいのですよね。
歌詞をつけるのが苦手な人ほど有効かもしれません。


8.メロディに併せてドラム補正。
キメやフィル、メロディのリズムポイントで補正をかけます。
リズム先行型にしてますが、
リズムを聞きながらのほうがメロディが生まれやすいのかなとも思いました。


9.ドラムを聞いてベースを補正。
メロディにドラムが合えば、ドラム確定なので、
ドラムに合わせてベースでリズムを更に補佐していきます。
ドラムとメロディをよく聞くこと。
コードが決まり、メロディが決まり、ドラムが決まってるのであれば、
ベースのフレーズは必然と決まってくる気がします。
他のパートをよく聞くこと。


10.メロディのハモリをかく。
自分は未だやってないのですが、
先にハモり書いちゃうのはありだと思いました。
全体像見えてるし。


11.コード楽器を乗せる。
3のアイディアを上手く拾ってきましょう。





多分、結構独特な作り方かもしれないです。???
一緒の人いるかな……?|д゚)チラッ