初心者から始めるボカロP

ボーカロイドの楽曲を作成しています。

コラボ等お待ちしています。

TwitterにDMを下さい。

また、夏コミC86のCD完売でした。

本当にありがとう(`;ω;´)

TOP音楽成長のちょこっと日記(*´ω`*) ≫ ミキシング的なマイクプリアンプの使い方が多分分かった件

ミキシング的なマイクプリアンプの使い方が多分分かった件

どうも。しょしんしゃからはじめるぼかろぴーです。

楽器弾かないのにマイクプリアンプ持ってます。
アナログ感がいいよと言われて、試しに買ってみたのですが、殆ど使ってませんでした。

しかしながら、ふとしたことで今日使ったのですが、ようやく使い方がわかった気がします。

マイクプリアンプで飽和感を調節できるんですね。多分。

大体純粋に何で音量ノブが2つもついてるんだろうと思って、微調整のためだけかなあなんて思っていたのですが、
Trimのノブを捻ると所謂ギターのボリュームノブのように若干の歪みを感じました。
とくにリヴァーブ感強いものだと気が付きやすいかもしれないです。

明確にわかる効果かどうかと言われるとビミョーですが、
ブラインドテストした場合、私的にはギリギリ分かるレベルかと思います。

僕はハード信仰を殆どしてないのですが、
こういう歪はやはりプラグインで再現不可若しくは難しくて、
意外と重要な事なのかもしれません。

特に残響感や飽和感の操作は難しいのですが、
所謂自然なリヴァーブの質感というのはこういうところに出てくるのかな。

マイクプリアンプの歪が入ったときに「あ、この質感だよこの質感」と思ったんですよね。


他方、個人的な意見なんですが、アナログ感ありすぎるのはちょっと苦手なんです。
それが良いっていう人も多々いらっしゃるのですが、単純に音汚れすぎてるのを感じます。


このあたりの調整は難しいところかもしれませんね。


最後にまとめると、
やはりこのあたりに拘りすぎないことも重要かと思います。
音楽家じゃない人が楽曲を聞いて、「かっこいい」とか「欲しい」とか「もう一回聞きたい」とか「ふと口ずさんでしまった」という
ファクターの比重はちょっと他のほうが高いと思います。


おわり。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL