初心者から始めるボカロP

ボーカロイドの楽曲を作成しています。

コラボ等お待ちしています。

TwitterにDMを下さい。

また、夏コミC86のCD完売でした。

本当にありがとう(`;ω;´)

TOPスポンサー広告 ≫ 作曲してからコードTOP音楽成長のちょこっと日記(*´ω`*) ≫ 作曲してからコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

作曲してからコード

作曲→躓くコードを覚えるという流れでやってるのですが、
やはり最初に曲を描くというのが大切な気がします。

コードを覚えて、使おう→作曲ってなるといまいちピンとこない部分があったんですが、
作曲した→なんか困った→コード覚えて解決したという流れで結構ピンと来る部分が多かったです。

ただ、やっぱり歪な感じになりやすいのがどーにかならんものかー(;^ω^)。

難しいコード使えばいいってわけじゃないんですよね・・・。


コードとコードスケールは確かにセットで、
だから、メロが調性感を保持し続けて、楽曲を保ち続けるという側面は間違いなくあるのですが、
現状は先にコードを覚えようかと思います。



これからはCルートで出来る限りのコードとボイシングを瞬間的に出せる訓練をしていければなと思います。

やり方は、
10秒以内に、できるだけ多くのボイシングとコードを抑えられる数を増やす。
その後はD♭で同様に、
その後は、Dで同様に。

大切なのは考えないで瞬間的にルートポジションからコードが出ることです。
且つ慢性的な訓練にならないようにすること。

考えて分かるとか5秒あれば分かるとかじゃなくて、
相対的に関連させて覚えるのではなくて、絶対的に一個一個を覚えてく感じです。

C△7→C7→C7(9)→C7(9,13)→C7(♯9,♭13)→C7(♭9,13)→C7(♭9)→C7(9,13)→Cm7(9,11)→C7sus4(9,13)
これで10個のコードですね!
1秒以内にコードネームを想起して、抑えれば10秒以内です。

なので、口で「Cメジャーセブンス!」って言って、抑えればいいわけですね。
うわwwなんかロマサガみたいですねwww。

出来るようになったらピコーン!って音がなりそうです。


がんばるんば!
(そういえばルンバ買いました。届くのが楽しみです。)
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。