初心者から始めるボカロP

ボーカロイドの楽曲を作成しています。

コラボ等お待ちしています。

TwitterにDMを下さい。

また、夏コミC86のCD完売でした。

本当にありがとう(`;ω;´)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

幻想

まだ色々やってる段階なのですが、
今回はマスタリングのお話。

正直マスタリングってよくわからないって言う方は多いのでは?
僕もそうです。

いろいろ試しているうちに少しだけわかってきたことがあって、
今回はそれを書こうかと思っています。

マスタリングも本当に昨今色んな意味があり、
僕が知らないテクニックも山ほどあると思うのですが、

所謂、可愛い系・かっこいい系のPOPSに関しては、
実は、意外と音圧が低かったりするわけです。
(僕が勝手に高いと思いこんでたのかもしれない。)

ニコニコばっかりやってて、
もっと大きくもっと大きくと出来るだけダイナミクスを埋めるようにしてきたのですが、
(ニコニコもだいぶ変わってきたかと思うのですが、)
もう音圧は稼がなくても良いんじゃないかと今日思いました。

謎の技術で大きくなる云々あるかもしれないのですが、
個人的にどの音源を聞いてもやはり、波形のダイナミクスが失われてると
潰れているように聞こえますし、
逆に小さく聞こえる感覚があります。

波形のダイナミクスがが沢山あったほうが、(換言すると過剰な音圧がない方が)
音が大きく聞こえる感覚があります。


そして、最近は、あまりRMS値を絶対視していません。
レベルが低くても音量が大きいと感じることがあるわけで、
僕はこれをパシーブラウドネスと呼んでいます。
命名はTrucksのメーターからw。

人が音が大きい大きくないと言うのはRMS値ではなくて、
このパシーブラウドネスがでかいと大きく、うるさく感じます。

逆に言うとこの音をどううまく使うかではないでしょうか。
周波数帯で言うとおそらく2k~5kの間です。





そんなこんなで、
音圧も上手く使っていかなくてはならないのですが、
(主に日本のエレクトロ系のPOPS?)
ニコニコで変に毒された?自分でかってに勘違いした?
音圧なのですが、
多分これからもう不要に「稼ぐ」のはやめようかと思います。

リダクション-3dbぐらいを丁寧に狙う感じにしようかなと。

逆にやはり音圧の強い音をうまく利用したいならミキシングでやる感じでしょうか。
楽曲で音圧を狙うと結果として、逆に音が小さく聞こえるっていう印象が、
どうにもこうにも拭えなくなったというのが現在の考えです。

こういうふうに思えるようになったのも
マスタリングが少しわかってきたのかもしれないですね!

音圧を埋めれば埋めるほど音が小さく聞こえるっていうのは
何らかのターニングポイントになり得るのかなと思って、
書いてみました。
(ちな、いつも泥酔してブログ書いてますが、今日はシラフです(;^ω^))

(あ、勿論、数値上というか、音圧埋めるほど、でかくはなってますよ。
でも、小さく聞こえる感覚もあるということです。)
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。