初心者から始めるボカロP

ボーカロイドの楽曲を作成しています。

コラボ等お待ちしています。

TwitterにDMを下さい。

また、夏コミC86のCD完売でした。

本当にありがとう(`;ω;´)

TOP音楽成長のちょこっと日記(*´ω`*) ≫ マスタリングがわからない方へ(1曲マスタリング)

マスタリングがわからない方へ(1曲マスタリング)

どうも初心者から始めるぼかろぴーです。

マスタリング初心者がマスタリングの記事を書きます。
間違ってても知らんぞw

というのも、マスタリングがピンと来たので、書きます。
ここで言うマスタリングは音を揃えるマスタリングではなくて、
1曲だけの音圧(音量)と雰囲気をどうするかというマスタリングです。

なので、厳密に言うとマスタリングではないのですが、
他に言葉が見つからないので、「1曲マスタリング」という言葉を使わせて下さい(;^ω^)。


1曲マスタリングが注意すべきは周波数帯です。
曲を明るくしたいのか、それとも暗くしたいのか、何処の周波数帯が引っかかるのか。
基本的には全てミキシングでおわしておくべきなのですが、
曲全体にコンプレッサーをかけるというのは、このマスタリングで調節します。(ミキシングでも出来るが……)

マキシマイザーに突っ込む前に、マルチバンドコンプレッサーをどう引っ掛けるか、どういうふうにEQでブーストするかだと思います。EQはカット方向に使うのが基本とよく聞きますが、この時ばかりはブーストへも遠慮せず使います。

そうすると、音割れを引き起こしてる周波数帯、逆にマキシマイザーで音が暗くなってるのが分かるでしょうか、
この勘案を探るのが1曲マスタリングかなと思います。

僕はマスタリングさっぱりわかんなかったのですが、音の明暗、派手か落ち着いてるか等々を感じながら、
思いっきり突っ込んでわざと音割れさせたり、思いっきりコンプかけて音をすっごく暗くしたりしていたら、
少しずつわかってきた気がします。



もし、1曲マスタリングがさっぱりわかんねーって方がいらっしゃったら、
思いっきりコンプレッサーかけたり、思いっきり特定周波数をブーストさせてみて、音割れや音を暗くしてみて下さい。
こうやってわざと失敗させると、ああこのところの音に気を配ればいいんだって感じられるかと思います。

認識することがすごく大切で、失敗しないように最初から無難にやるので、
問題点が認識しにくいと思いました。

久しぶりに失敗が大切なんだなと思いました。

微妙に失敗しても気が付かない時があるけど、思いっきり失敗すれば流石に気がつくという。
そして、大体がミキシングに問題ありとなってミキシングに戻る羽目に……。
(換言すればマスタリングで直すよりミキシングで直すほうが楽です。)

僕の場合は、ボーカルにコンプをあまり掛けないために失敗することが多いですw。

試しにやってみようという方は、2k~5kが一番認識しやすいです。
2k~5kをミキシングでめっちゃブーストさせて、マスタリングでぺちゃんこに潰してみましょう。
こういうところを、コンマデシベルで微調整してるのね……ってぼくは思えました!!

最後に、
今日ふと思っただけなので、
間違ってても知らないんだからね!

しかし、難しいです。自分の曲でもやはりかなり苦戦します……。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL