初心者から始めるボカロP

ボーカロイドの楽曲を作成しています。

コラボ等お待ちしています。

TwitterにDMを下さい。

また、夏コミC86のCD完売でした。

本当にありがとう(`;ω;´)

TOP音楽成長のちょこっと日記(*´ω`*) ≫ 最重要項目リズム

最重要項目リズム

ドラムのダメ出しが出てしまったので、
ベースとドラムと合わせて、このあたりをもう一度考え直していこうと思っています。

前からちょこちょこ色んな人に言われていたのですが、
今回でやっぱり駄目なんだなっていうのを強く認識しました。


POPSの作曲でやはり最重要なのはアボイドノートをちゃんと認識すること。
やはり意図して使うのはセーフかと思いますが、
アボイドノートを把握してないで使ってる人をチラチラ見ますが、やっぱアウトな印象を持ちます。
これは、多分POPSにおいては、個性じゃないと思うので、まずここをミスらないこと。

その後に楽曲をどうなると端的に良くなるか。
それはリズムが大きなウェイトを占めてると僕は思います。

ドラムのリズム、コードのリズム、メロディのリズム。
これを意識します。

ちょっとわかりやすく解説しますね。

ドラムのリズム
これが楽曲のリズムになります。
全体のリズムですね!これで楽曲のスピード感を調節します。

コードのリズム
これを意識するのはけっこう大変かもしれません。
楽器やってる人は無意識にやってるのかな?
これを適宜ずらしたりするとかっこいいですし、音譜的に分離感を出せます。
また、僕は全体のリズムに対して、小節のりずむ、若しくは小さなリズムと呼んでいますが、
ここがどういう風にリズムを感じればいいかを決める重要なポイントです。

一概には言えませんが、音楽に精通してない人はここのリズムを感じることが多いかと思います。
僕はドラムのリズムではなくて、コードのリズムに耳が行く人のほうが多いと思うんですよね。
自分もそうです。

メロディのリズム
メロディをどう入れ込むか。
ワンテンポ遅らせたり、ワンテンポ早く入ったり。
こういうのでも、リズムは生まれます。
一見旋律的に見えるかもしれませんが、
フレーズでのメロの頂点を度のタイミングで入れ込むか。
すごく大切です。


この3つが上手くズレて上手く合うっていう繰り返しです。
この3つを調整するのは結構得意と思っているのですが、
各個別を作るのが結構苦手です。

特にドラムの楽曲全体のリズムです。
リズムチェンジの箇所がやっぱり違和感でちゃうらしく、またフレーズ自体の工夫がもっとできるので、
このあたり、もう少し詰められるといいなと思います。

いつも真顔でカチカチクリックして作っているので、
もう少しノリノリで作ってみようと思うのと、
上モノを弾いてる人の気持ちを考えてドラムを作ってみようかと思いました。

ピアノやギターを弾いてる人がどういうリズムがほしいのか、
この視点をもてるのいいのかなあと。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL