初心者から始めるボカロP

ボーカロイドの楽曲を作成しています。

コラボ等お待ちしています。

TwitterにDMを下さい。

また、夏コミC86のCD完売でした。

本当にありがとう(`;ω;´)

TOPスポンサー広告 ≫ 強い音と優しい音TOP音楽成長のちょこっと日記(*´ω`*) ≫ 強い音と優しい音

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

強い音と優しい音

最近の自分の中での反省点は強い音を使えない、選ばない傾向にあることです。

なじまないのが怖いのとそもそも優しい音の方が使っても違和感が少ないので、
使う音が全部優しい音ばかりになってしまっています。

優しい音はやはりハイが落ちている事が多いので、
楽曲としてハイが少なくなって、爽快感というか広がる感じが少し出にくくなる感覚があります。


自分の好きな作曲家さんや楽曲を聞くと、
結構強い音っていうのがたくさん入ってたりするんですね。
少なくても自分よりもたくさん入ってます。

それでもきちんとまとまっていて、きちんと聞ける感じなんですよね。
ミキシングが良いのかとか。

今年最後の曲はこのあたりをもっと意識して取り組みたいと思います。
強い音を使う!強いフレーズを使う!

うーんw怖いw、難航しそう(;^ω^)。

強い音を使ってもどうしてあんなにまとまって聞こえるんだろう……。
上手く掴めません。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。