初心者から始めるボカロP

ボーカロイドの楽曲を作成しています。

コラボ等お待ちしています。

TwitterにDMを下さい。

また、夏コミC86のCD完売でした。

本当にありがとう(`;ω;´)

TOP音楽成長のちょこっと日記(*´ω`*) ≫ 反省点をまとめる。

反省点をまとめる。

この間、MusicPlanz様の月例セミナーへ行ってきました。
このセミナーなんですが、自分の曲を出して、点数つけてレビューしてくれます。

自分の曲をどうしようかは自由なんですが、
他人からどう見られるのかというのは把握しておいて損はないかと思います。

12月はまどマギの楽曲提供で有名な渡辺翔さんがいらっしゃるようなので、
興味ある方は是非ご自身曲を提出してチャレンジしてみても良いかもしれませんね!
MusicPlanz月例セミナー


というわけで、反省点をまとめておこうと思います。
(`・ω・´)シャキーン。

①3回し目のサビで飽きる。
②もう少し派手なアレンジへ
③終わり方が惜しい
④ところどころごちゃごちゃしてる。
⑤材料詰め込みすぎ。決め打ち等計算しすぎ。


このあたりですね。
ちょっと解決策を分けていこうかと思います。
【①②③】
ここなんですが、どうしたら常に人を惹きつけられていられるかという感じです。
通常1番サビ、2番サビ、ラスサビなので、このサビの繰り返しをどういう風に統一感を持ちつつも飽きさせないか。
この辺り非常に難しく自分でも悩んでるし、プロの方も悩んでるんじゃないかと思います。
特にラスサビでしょうか。
ラストサビについては、コードを変える・音を抜く・メロを変えるっていうのを次回やってみようかなあと思います。
別なものに聞こえるけど同じものに聞こえるっていうギリギリラインついてみようかと思います。

アレンジ的に最後ゴージャスか切なく終わるっていうのももうちょっと意識してみようかなと。
終わりとは言えしょぼくならないように。

【④】
これはミキシングかな。
もっとサウンドをクリアにしていこうと思います。
対策はすでにうったのでどうなるか……。

【⑤】
うおw、バレてるww。
実はキメのタイミングとか楽曲作ってる最中に入れたのではなくて、
もう最初からこことこことここをキメに入るために、全て終着するように作ってあるんですよね。
一応メロ先行ですが、メロと同時にキメも考えて作ってます。

今回出した楽曲は、
メロ・ストリングス・リズムを同時に考えながら作ってます。
意外と全部同時に作り上げるっていうのは欠点があるかも。
純粋なメロ先行ではなくなるので。

比重の比率を変えるのを意識してみるのもありかな。
メロ:ストリングス:リズムが今回3:3:4ぐらいの割合なので、
5:2:3ぐらいでもいいのかも。

後はトゥッティ以外に曲を盛り上げる要素を入れればよいのかも?
トゥッティするのって一番わかりやすくて盛り上がるんですよ。
逆に必殺技なので、多用は良くないのかもしれませんね。
もう少し上品に盛り上げる技法ってなんだろう。

音色・フレーズ・ミキシングと、今思いつくのはこのぐらいかなあ。

期待に沿うっていうのは、僕は意識が回るので、
逆に、
トラックそのものの素体の良さ・聞いていて気持ち良い期待の裏切りっていうのを
意図的に混ぜてみようかと思います。
難しいな。このあたり。トラック素体を上げるのはいくつか思いつくのですが、
気持ちの良く聞き手の期待感を裏切るのはうまく想像つかないです。

ん?これって、多分音楽で人を感動させられるかどうかっていうところなんじゃないでしょうか。
ここをちょっと突き詰めたい。

抜本的に音楽を聞いて何で感動してるかっていうのがいまいち分からんのですよね。
僕も聞いていて、感動する曲はいくつかあるのです。
期待に沿う気持ちよさではなくて、期待を裏切る気持ちよさ。
ここは課題なのかもしれません。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL