初心者から始めるボカロP

ボーカロイドの楽曲を作成しています。

コラボ等お待ちしています。

TwitterにDMを下さい。

また、夏コミC86のCD完売でした。

本当にありがとう(`;ω;´)

TOP音楽成長のちょこっと日記(*´ω`*) ≫ また悩んでる(´・ω・`)。

また悩んでる(´・ω・`)。

昨日↓参加して楽曲のアドバイスを貰いました。
http://musicplanz.org/seminar/20170311

専門家からもアドバイスもらえるのと単純に参加してる人からももらえるので、
いろんな目線の声を聞けます。

まだ全員の評価は見てないのですが、
セミナー中に口頭でアドバイスされているので、
気が早いかもしれませんがまとめてみようかと思いました。

長くなるのですが、書いていきます。

楽曲アップロードと同時にやるとこれを読んでる人もfmfmとなるのですが、
残念ですが、アップはしません(;´Д`)。
自分用のメモです。


【ブルーノート】
7フラットのブルーノートはこの場合はかっこよくない。

結構難しいですブルーノート。
わざわざブルー・ノートを踏むわけですから、
それに対して、気持ち良い等のメリットがなくちゃいけないわけで、
なんとなくは駄目なんですよね!

3フラットのブルーノートは大丈夫ぽかったので、
しばらく3フラットのブルー・ノートをうまく使って曲を書いていこう。


【サビの変化】
サビはほぼ同じサビを2回しました。
サビが二回しかないので、変えると印象悪くなるかなと思ったのですが、
楽曲が終末に向かうのであれば変えるべきですね。

うーんw判断ミス。
やはり、終わるっていう合図をちゃんと聞き手に伝えるべきです。


【ラスサビケツ】
サビケツの余韻がもうちょっとあると良いとのこと。
コードでもうちょっと引っ張るか、やはりその前に終末感を出してあげるか。

やはりラスサビという認識をしっかり持つべきなんだと。
聞き手としては、おお、終わったw、あれw終わった、って言う具合でびっくりしちゃうんですよね。

僕はよく聞き手に対して合図を出すということを意識するようにしてるのですが、
ラスサビという合図をもうちょっとやれるといいんだなと。


【ピアノがコンクリの狭いとこで弾いてるよう・ボーカルリバーブが素人くさい】
コンプをわざと変にかけてたんですが、最初この音色の加工を言われてるのかなと思ってたんですが、
多分そのことではなくておそらくリバーブだと今思います。

これどーにかして解決したい。
うーむw。単純にミキシング好きなので、どうしても気になるw。

挑戦的でエフェクティブなミキシングは僕の中ではアレンジと捉えていて、
いわゆる純粋な聞きやすくるのをミキシングと僕の中で言葉の区別をしています。
リバーブタイムなのかな。
リバーブをもっとよく聞いて、どうすればいいのかっていうのをしっかり掴まなきゃいけないのかも。

これ多分認識できてないんですよね。
認識しないと、その事象をつかめてないので、改善や努力すらできないので、
何とかして認識したい。

抜けるリバーブ?原音を損なわないリバーブ?
文字におこすと簡単なんですが・・・。
体感できちんと捉えられないと厳しいですよね。

他の人の曲を聞いても正直リバーブがどうかかってるのかっていうのがよくわからんのです。
(´・ω・`)。


【Aメロ・間奏のベースがでかい】
これももうちょっときちんと調整できるようになると。
やはりベースの音をあげがちになりやすく。
楽曲が安定して、迫力が出て、と勘違いするんですよね。

ベースの音量を多めに上げる人っていうのは結構多いのですが、
やはりあまり良くないと自覚はあります。ベースが楽曲を喰っちゃうので。
ジャンルにもよるのですが。

【Aメロの音符】
サビと似てる箇所が多い。

実はちょっと前までは、その曲にあってるんだからいいんじゃないの?なんて思ってたんですが、
最近はAメロとサビのメロ(特にメロのリズム)は相違させたほうが良い事が多いと思います。

楽曲を音符におこすときにフルパワー出してたときは渾身のメロだー!なんて思うわけですが、
勿論フルパワーで書くわけなのですが、最近は少し余力があるので、第三者の目で見れるのですよね。

そうなってくると、微細ですが、もっとよくできたりするわけです。
ただ、こういった微細なことが積もり積もってとても大きくAメロがBメロサビへ干渉して、
大きな効果を生み出すので、他のパートの兼ね合いをもっと意識すべきだなと。

前々から言われたことはありますが、ようやく手が回せるようになりつつあるのかもしれません。



今日はもう一本書きます。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL