初心者から始めるボカロP

ボーカロイドの楽曲を作成しています。

コラボ等お待ちしています。

TwitterにDMを下さい。

また、夏コミC86のCD完売でした。

本当にありがとう(`;ω;´)

TOP未分類 ≫ 曲の明るさと迫力への自分の考察

曲の明るさと迫力への自分の考察

なんか自分の曲自体が暗く感じると思ったことはないでしょうか?
でもハイを出して明るくすると崩れるというか、ワシャワシャしてしまってかっこ悪い。

じゃあ、ワシャワシャしないでハイが出てる楽曲ってどうやってるんだろう。
そんなふうに考えてたのです。

結論から言うと、
明るい楽曲でも、ワシャワシャしてない楽曲はハイが出てません。
常識的な範囲で出てるだけです。

帯域整理・空間整理、とりわけ中域の整理が良くできていると迫力が出てるようにきこえます。
それを僕がハイが出てるんじゃないかって自分で思い違いしてたように感じます。
(ハイを上げると曲が明るくなるので)
もう一つ言うと、アレンジで明るい印象を持つ音色を入れることです。

確かにハイを上げると曲は明るく広がってるように聞こえるんですけど、
別に見ると無理に引き伸ばされてつってる印象もうけるわけで、
これがやはりダサいわけで。

さらにもう一点。
アレンジの兼ね合いが大きいです。
周波数的に音がぶつかりにくいアレンジにしてあげる、
フレージングしてあげるっていう部分が大きい。
なんとな~くコード弾いてなんとな~くメロディとウラメロ入れてとかやると、
アウトですw。

このあたり。

おまけでいうとあとは、トランス系のアナログの音質変化かなって思います。
これはプラグインのアナシミュでも出来ないので。
(やっぱ、WAVESもUADもこのあたりは厳しい感じがします。
大変素晴らしいプラグインではあると思いますが。)



PS
趣味になるけど、
お金に余力が出たら、
トランス入ってるサミングアンプ欲しいな……。
全部取り込み直しして、使いたい……。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL