初心者から始めるボカロP

ボーカロイドの楽曲を作成しています。

コラボ等お待ちしています。

TwitterにDMを下さい。

また、夏コミC86のCD完売でした。

本当にありがとう(`;ω;´)

TOP未分類 ≫ 音が良いってなんなのか

音が良いってなんなのか

きちんと説明できる方いるでしょうか?
説明できればOKだと思います。

音の良さの判断基準ってひとそれぞれで。

なので自分が良いと思える基準ができればいいんじゃないかと思います。

「えwなにそれ、そんな当たり前的なこと言って終わるの?
ねえ??」

って思うでしょう。
なので自分が今音が良いと思うポイントを書いてみました。
(そのうち変わるかもしれない。)


自分の中で音が良いと思った理由は何なんだろうと思って、
メモしたりそう感じたポイントをこれまでためてきた部分です。

・空間を感じる音
→1音なれば部屋を感じる。
空間を感じると音が良いって自分は感じていました。

・プレイヤーのニュアンスを感じる音
→わかりやすく例を挙げるならクレッシェンドとか、
ピックのニュアンスとか。ビブラートとか。
アーティキュレーション程々にあると音が良いと感じてました。

・心地よい音
→低域と中域です。ハイはさりげに稼いでくほうがかっこいい。
露骨にEQでブーストするとハーシュ><になりやすい。
何度も聞ける音かどうか。

・わかりやすい特徴がフォーカスされてる音
→これすごく迷ったのですが、音がわかりやすいある程度誇張されてるほうが
良い音に感じるとは思いました。あまりやってこなかった部分で最近思ったので、少しやっていきたい。
多分無駄な音を削ぎ落とすっていう方向じゃなくて、
良い部分を誇張するほうがうまくいく気がしてる。

こうしてみるとほとんど音が良いってDAW入る前の作業部分があまりに多すぎる。
反対に言うと音の良さってミキシングマターの部分が思ってる以上に少ないです。
DAWに入る前が勝負な印象が強く。。。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL