初心者から始めるボカロP

ボーカロイドの楽曲を作成しています。

コラボ等お待ちしています。

TwitterにDMを下さい。

また、夏コミC86のCD完売でした。

本当にありがとう(`;ω;´)

TOPスポンサー広告 ≫ 今後の課題が見えてきたTOP音楽成長のちょこっと日記(*´ω`*) ≫ 今後の課題が見えてきた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

今後の課題が見えてきた

自分の作品って結構かわいいので、アップロード直後はどうしてもちゃんと見れないんですよね。
でも、そろそろ客観的に見えてきた感じがします。

次はここやってみようと思ってるところ列挙。

①フェーダー書きを増やす。
今回実はちょこちょこフェーダーを書いてたのですが、
書いてないところもあって、もうちょっとフェーダーを書こうと思います。

②ボーカルのディレイとリヴァーブをもうちょっと考えてみる。
これは正直出来ないかもしれません。イメージがついていないからです。
自分の中でイメージがないと、ゴールに辿りつけないからです。
だって、イメージがゴールなんですから。

んー困った(´・ω・`)。

③ミキシングからマスタリングを考えてみる。
DTMerの良い所って逆言うと一人で完パケするところで、
自分で最終的な目標に作曲アレンジミキシングから考えられるってところだと思います。
これは作曲専門ミキシング専門マスタリング専門の人には出来ないことで、(いや、やれば出来るんだろうけどw)
DTMerの特権ですよね!!!
次回はステレオ感を意識してミキシングマスタリングしてみようと思います。
どうしても音圧上げるとステレオ感が崩れるからです。

④パンニング
指摘されるまで気が付かなかったのですが、SONARのコンソールのパンだと定位の配置が雑になります。
(数値上設定できない・しづらい定位があるからです。)
なので、付属のステレオイメージャー若しくはWAVESのステレオイメージャーを使ってパンニングしてみようと思います。

⑤EQ
各トラックのEQは悪くなかったのですが、次は幾つかのトラックを複合的にEQをかけてみようと思います。
これは別に今回の反省点ではないです。今回の自分テーマは個別のトラックのEQ処理に焦点を当てていたので。
今回の自分テーマからするとEQ処理は大成功でした。
テーマを持って練習するのが大切です。
一気にたくさんのテーマを持たないことも。何が成功して失敗してるのかわからなくなりますからね(*゚∀゚)。

⑥コンプ
R-comp等々使うのやめてみようかなと思います。
次は全部VSC-2でやってみようかと考え中。

⑦エクスパンションを書いてみる
ストリングスを次の曲で使うかどうかわかりませんが、
エクスパンションを書いてみようと思います。
ピアニカで息を吹き込むイメージです。


未だ暫くは自分のフィーリングに頼らないようにやっていこうと思います。
しっかりイメージを持って、根拠を持って、できるだけ理論にそって。

勘でできるだけやらないように(`・ω・´)シャキーン。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。