FC2ブログ

初心者から始めるボカロP

ボーカロイドの楽曲を作成しています。

コラボ等お待ちしています。

TwitterにDMを下さい。

また、夏コミC86のCD完売でした。

本当にありがとう(`;ω;´)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

徒然なるままにかきます。2

【作曲とアレンジ】

作曲とアレンジ結構一緒にやる人多いけど、
内容は別物だと思ってます。

一緒にやってもいいし、やり方は問わないけど、
別物。

【作曲】
作曲は
歌詞とメロディとの相性もあるし、
メロディは結構感覚でやる人がほとんどだと思うし、
ハマる場合もあるのだけど、
それ以上に狙う美味しいポイントがあるので、
それがわかってる人とわからない人の差は大きい。

この辺のコントロールがむずいのですがね……。
こんなもんがきゃっちーでしょー!ってやってると、
やっぱり狙ってる人に敵わないです。
全身全霊で駆けちゃってる場合だと、
狙ってる以上のものもできちゃう時があるけど、
安定するかどうかは、難しい。

自分ももうちょっと狙えればな-って思います()。

テクニックと、伝えたいこととのバランスは難しいよね。
テクニックを覚えるとどうしても頼りたくなるし、使いたくなるけど、
上手いのと、伝わるのはまた別のベクトルだと思っている。

僕の場合は上手いのをどうしても評価したくなっちゃうのと、
メロよりオケを聞く癖があるので、
このあたりは気をつけてるつもりだが、なかなか難しい。

あと、メロディライン結構気をつける人は多いけど、
それにくわえて、メロディのリズムとリリースね。
かなり重要なんだけど、買えるべきところで終始同じリズムで
気づかず書くことが多い気がする。

ちな、リリースの長さは非常に重要です。
ボカロならベタ打ち感が出るし、人ならリズム感というべきか。

個人的に歌う人で上手いなーって思うか思わないかの
ふと思うと、第一ポイントが、リリースで判断することが多いです。

はーもにーりずむは割愛w。
ながくなっちゃうのでw。

ちょっというと、
ハーモニーは俯瞰力、リズムは長さを最近頑張るようにしています。

【アレンジ】

良い音の選択、良い打ち込みをするしかないです。
音がダサい、嘘くさい(アコースティック系は)なのもNGだし、
良い音を使っても打ち込みが残念だとこれまたNGになりやすい。

わかりやすいのがアコースティック系の楽器で、生ドラムのハイハットが、
ずっとベロシティ、音色が一緒とか。

ハイハットが無茶苦茶叩き方の種類や積極的なラウンドロビンのVSTとかでないんですかね……。
(ドラムはマイクのアンビとかがあるから難しいのだけれど……)

音色変化してもそれが良いってなるし。
全く同じ音が8部や16部でなると、生系はちと厳しい。
目につくし。


アレンジは楽曲の最終形態にもろでるのでむずいよね。
無駄なアレンジで、楽器増えると、楽曲のパワーがどんどん落ちてくし。

反対に良いアレンジがあるとミキシングはすごく楽、そして楽しい。
掛け合いとかフレーズとか僕はもっと頑張りたい。
やパ少し苦手意識はあります……。

良い音ですが、
シンセは頑張って作り込み!
アコースティックは出来るだけ生に近づけてが基本かと。
奇をてらっても良いけど。

特にアコースティックは音源そのものがものをいってしまう場合が多いです。
音色もそうだけど、わかりやすく言うと、
スライドのないベースとか。

どこまで音源でやるか、生Recするかの線引はひとよりけりだけれど。

後自分の最近のはやりになってしまうのですが、
ショートリバーブやアンビエントは出来るだけアミキシング本題にある空間の再現に少し入ってきてしまうのですが、
ストリングスは特に近くでRecした音源か、遠くでRecした音源かで、かなり違うし、
後付でそれっぽくなるだけで、あんまりぽくないのですよね。

聞いて貰う人をどういう場所へ連れていきたいのかは、
アレンジで想定して損はないのかなと思います。

徒然なるままにかきます。

いつもまとまりないですが、
雑多に書きます。

【モニター環境】
多分一番金をかけるべきってモニター環境で、
これって初心者にはほんとわからないし、むしろ初心者は音源(アコースティックに限る)かレッスンに
かけていいと思うのだけど、
モニター環境ってすごく大切なんだよね。
ただ、それってすごく部屋が影響してて、スピーカーは特に。

ヘッドホンで聞くのがほとんどの時代にスピーカーっていう理由は、
単純に疲れにくいのもあるのだけど、
鳴りがわかりにくいっていう部分。
ヘッドフォンって直接音が耳に来るので、
細かくわかるので細かいミキシングしがち。

モニターヘッドフォン自体よくできてて、
細かくわかるから伝わらないミキシングしがちになると思うの。
(もちろん、ヘッドフォンでよくできるならそれでもOKだし、何使ってもOK。)
自分はあまりうまくいかない部分(外に持ってくとダサく聞こえるとか、音が抜けないとか)が
あってそういうのを避けるために、うまく自分が認識できる環境を自分なりに見つけるのが重要。

ここばっかりは人に聞くのではなくて自分で探すしかないと思ってる。
スピーカー何がいいですかとか、ヘッドフォン何がいいですかって、
気持はよく分かるし、自分も聞くけど、
こればっかりは気づきの部分が大きくて。
今でも実は探してる側面はあります。

今になって、いろんな環境で確かめるっていう重要性はすごく納得しました。
前の自分からすると、変にお金かかるからやりたくないっていう気持ちだったのだけど。

【音源なにかえばいいの?】
自分的には奏法を買うと良いです。
奏法ってなければどうにもならないので。
(がんばれば奏法も作れますが、買ったほうが早いのかもしれません。
アコースティックは特に)

反論あるかもしれないけど、
ストリングスって大体レガート中心にがほとんどなのかもしれないのですが、
マルカートがないのは結構致命傷です。
スタッカートとレガート重ねるのもありな気はしなくもないけれど……。

もちろんレガートはレガートで使いますが、
マルカートもマルカートで使うので。

音源によってはビブラートも変動できるので、
書き出し→ピッチ編集ソフト→ビブラートを編集ってめんどいですよね……。

ドラムだったらハイハットの打つ音源が増えるやつだったら、
欲しい!!むしろハイハットオンリーのVSTとかあったら買ってるかも……。
ベロシティはベロシティで調節するけど、音色変化がもっとあればって思ったりする。
工夫はできるけど、効率の問題で。

こだわりポイントはあるのだけれど、
時間がかかりすぎて、曲のリリースが遅くなったり、
現実問題時間がかかりすぎて使えないっていうのは、
プラグインで解消したい。

【Waves信仰】
Wavesってすごくもてはやされて、
最近はセールが凄まじく安いのだけど、
それってDAWのプラグインでできませんか?っていうのはよく思う。

使い慣れてるっていうのもあるから、
使いやすいならそれでいいけど、新しく買うべきかどうかって言われると微妙。
古いのもたくさんあるし。

ゴールドと一部買い足ししか持ってないけど、
おすすめは新しいやつとシグネイチャー、CLAとか?だと思う。

ルネッサンスコンプ使うけど、
使いやすいから使うだけで、
別にDAW付属でも問題なく感じる。

いま、ルネッサンスコンプすげーって
いう人の感覚があまり良くわからない。
設定一緒にして、ほんとにすごいっすか?

自分の場合は使い慣れてるから使ってるだけ。
CPUパワーも少ないし。(これはPCの性能が時代によって上がっただけだと思う)

ちょっと煽ったみたいな文言になってしまったのだけど、
同じ人間の聴覚なので、是非自分で比べてみて区別がつくか、
区別がついてどっちが良いのか判断してみて欲しい。
そして、それが他人に伝わるのかどうか。

ミキシング、まだまだ勉強中の身でもあるし、
ミキシングプラグインたくさん買ったし、
思うところはいろいろあるのだけど。

あと、勝手に指しただけで音量上がるプラグインは注意です。
挿した後と挿す前で音量合わせて、挿した後がダサくなってるのは結構あります。
音量でかいとそれだけでよく聞こえるけど、他の楽器マスキングしてるでっていうのはよくある。

自分がよく使うのは
ダブラー
ルネッサンスコンプ(サイドチェーンでよく使う)
マックスバス
ヴァイタミン
スーパータップ
Hディレイ
ボーカルライダー(自動のライダー機能は使っておらず、
単純にボリュームのオートメーション書きなので、他でも代用可能)
ディエッサー

です。
絶対必要かって言われると大体DAW付属で代替可能かな。
DAWは今はLOGICを使ってます。


【無くなると困るっていうミキシングのプラグイン】
反対に無くなるとまじかーーーwwwwってなるやつ。
厳選します。

UAD1176
コンプ。実機知らないけどこれしゅごい。
UADOceanway
リバーブ兼マイク。しゅごい。
AOMInvisibleLimiterG2
マキシマイザー。

一時期ミキシングプラグイン書きまくってたブロガーさんよりは
買ってないですが、たぶん自分はそれなりに買ってる方?

アイゾトープのRXは持っていたほうが良いかもしれません。
今回は買わなかったけど、あのノイズ除去能力はすごい。
デモ聞いただけだけど。


【悩めるEQ】
自分は結構EQ苦手で。
露骨にマスキングされてたりするのはわかるのですが、
エンジニアさんがやるような。1デシベル以下の絶妙な帯域整理はやはり苦手です。
自分のできる範囲でがんばりますが、やはり他人にうまく伝わるレベルで、
こういった細かい積み重ねが幸をなす感じの処理がまだ追いつかない。
ぐぬぬ。

ちなみに自分はBx_ditalV3mixをよく使います。
一番の理由はアナライザーがついてないから。
アナライザーや数値ってやっぱり数値を信用してしまうくせが合って。
判断をきちんと耳にするため。

どうにも数字やアナライザーを信用してダサくなるのはやめようと思い。
耳で聞いて、耳で真似したり、近づけたり、新しいアプローチしたりするのが
良いと肝に銘じました(汗)。


【ミキシングの話が増えてきましたが、これで一旦締め】
最近思うのは、聞いてる人をどこに連れていきたいのか、
なのかなって思います。

でかいホールで聞くコンサートなのか、
こじんまりとしたライブハウスなのか、
路上なのか、
非現実的な世界なのか、
とか。

やはり、生で、響きが程よい空間で聴くのが一番感動するのですよ。
録音され、それがヘッドフォンやイヤホンになって、
なんだかんだでしょぼくなっていく気はします。

それをどう再現しなおすか、若しくはモリモリしてくかは
ミキシングなので、空間の再現度はいちばん重要なのかなと最近思い始めました。

【いったんこれでおわり】
これでいったんおわり。
つぎはミキシング以外をかいてみます。雑多に。

きょくつくりかためも

メロディのリズムバランスに気をつける。
はやいり、遅れ入り、ジャスト。ポリりずむ。

特にメロディだけでリズムを感じられる。
リズム変化に富むように。

コード付はアレンジフレーズ踏まえて慎重に。
いわゆるハーモニーの雰囲気が決まってしまうので、
最悪アレンジまで来て作り直しになるのを避ける。

今欲しい機材はなくなったかも?

実はちょっと興味あるな-っていうのはいくつかあるのですが、
正直今は殆どないのです。

先によく使う機材
・UAD1176
→コンプです。
これはほんとにすごい。実機使ったことなけど。
他社のやつをちょっと聞きましたが、断然こっちのが良く出来てる気がします。
好みの問題もありますが。

・UAD OceanWayStudio
→リバーブです。
リバーブはほとんどこれ。いわゆるインサート系のリバーブ。
センドが基本とされますが、
私的にはセンドよりインサートでガシガシ作ったほうが良い結果になりそう。

・UAD PurePlateVerb
→リバーブです。
プレートはこれが一番好き。
好みです。プレート特有のあの感じが出るけれど、
原音に自然に馴染むのが好きです。

・USV DitalV3mix
→EQです。V2より効きがわかりやすくなった感。
V2ってイマイチ表示と効果がピンとこなかったので、
V3にして僕は使いやすくなりました。
EQはほぼこれになりそう。

・InvisibleLimiterG2
→リミッター
買えばわかる。

・UAD API2500
→マスターコンプとして使っています。
使わないときもあります。
よく言うとまとまる。悪くいうと広がりがなくなる。
この調整加減に使ってます。

・UAD Distressor
・VSC-2
→メインコンプ
大体これ。

ほとんどこれで完結してます。
結構絞られてきたかも。

一時ハードコンプハードEQサミングアンプは欲しくなったのですが、
もらえるなら欲しいよ。
必要か必要じゃないかと言われると今は必要じゃない気がしています。

最近良くわかったのですが、
ここまで揃えば、音源の問題のほうが大きくて、
①もっともっとしっかり打ち込む、
②生楽器にして、録音する、
③アレンジを頑張る

こちらの費用対効果が圧倒的に良いです。
確信した!!

ミキシングできることと出来ないこととがわかってきたような気がしました。
目指す音、目指す楽曲まであと少し!?

じぶんめも もういっちょ

いわゆる自分が感じる例のぷろっぽい質感について。

打ち込みだとおそらく出来ない。
なんでかと言うと、打ち込み音源全てに例のあの質感を全く感じないため。
100発100中で当てられるので、おそらくこの感覚は正しい。

ドラムベースは打ち込みだとあのプロっぽい質感は出ない。
おそらくいちばん重要なのはドラムかと思われる。
ドラムが生録音だとあの質感が出る。

ドラム音源だととにかく空間が出ない。
なぜだから知らんが……。
逆に詰めるならここ。
いわゆるアノ良い感じのリズムは、空間にあるように思える。
ミキシングの問題。

とにかく音作りが命。
この作りが甘いとすべてがダサく聞こえがち。
なれるまでは、先にリバーブ込みの空間で作っていいと思う。
あとから処理してどうにもならないから音作りやり直しは
モチベーションも下がるし、労力二倍になる。
アタックを邪魔しなければ大体OK。


ミキシングはこのあたり。
下ごしらえが圧倒的に重要。
反対にアレンジさえ良ければさほど困らない。
アレンジとミキシングをつなぐ下ごしらえでその後の出来が決まる印象。

音作りの段階で完成形を聞くやり方でしばらく良いと思う。
ミキシングのときに改めて外せばいいだけだし。
マスターに予め、コンプとマキシマイザー指して、作っていいかと。

WAV書き出しで外して、ミキシングしていけば間違えない。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。